SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NRIセキュア、セキュリティ対策状況可視化サービス「Secure SketCH」で機能を追加した新プランを提供開始

 「Secure SketCH」は、企業の情報セキュリティ担当者がWeb上で約80の設問に回答することで、自社の情報セキュリティ対策状況を診断・可視化し、必要なセキュリティ対策の把握と推進に役立てることができるサービス。2018年4月に、無料のサービスとして提供を開始し、すでに400社近くの企業が利用しているという。

 今回は、顧客からの要望を踏まえ、下記の「タイムライン機能」と「企業属性別分析機能」の2つを追加し、新たに「STANDARDプラン」として提供する。このプランを利用することで、ステークホルダー向けの報告や、対策実施の意思決定といった場面において、有益な情報が得られるようになるという。なお、従来の無料サービスも、「FREEプラン」として継続する。

新プランの機能

 ・タイムライン機能

 診断結果のうち、「自社の得点」「他社平均」「偏差値」について、3か月、6か月、12か月など表示期間を選択すると、各数値の推移がグラフで示され、自社の状況の変化を時系列で把握できる(FREEプランでは、3か月のみ選択可能)。

 ・企業属性別分析機能

 NRIセキュアが保有する800社以上の企業データを元に、「業種」「売上規模」「従業員規模」の属性で絞り込んだ企業の平均と自社の結果を比較できる。これにより、同業種・同規模の企業のセキュリティレベルを踏まえたうえで、今後自社がとるべきセキュリティ対策を検討することができる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/11344 2018/10/30 16:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング