SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

システムインテグレータ、設計書作成CADツール「SI Object Browser Designer 19」を発表

「SI Object Browser Designer(OBDZ)」は、ソフトウェア開発におけるCAD(Computer-aided design)ソフト。システムインテグレータは、非効率なソフトウェア開発を改革するためにソフトウェア設計のためのCADツール「OBDZ」を独自開発し、2013年4月にVer1.0をリリースした。

 「OBDZ」は、リリース後も多くの企業に使われながら改良を続けてきたが、大規模なプロジェクトで設計の作業場所が分散するケースや、重要書類である設計書を集中管理したいというニーズなどが増えてきたことから、完全Web化のフルモデルチェンジを行った。さらに、パフォーマンス速度を従来の約150%と大幅に向上したという。

「SI Object Browser Designer 19」の新機能

 1. 完全Web化

 従来モデルは、クライアント/サーバー(C/S)モデルだったが、「OBDZ 19」は完全Web版とした。ユーザーは、クライアントごとにアプリケーションをインストールする必要なく、WebブラウザでURLにアクセスするだけで設計情報の閲覧や編集、設計書の出力が可能。

 2. クラウドサービスのサブスクリプションモデル

 従来モデルは、自社コンピュータにアプリケーションをインストールするオンプレミスモデルが中心だったが、「OBDZ19」はWeb化によりクラウドサービスのサブスクリプションモデルで提供。ユーザーは、場所を選ばずに素早く設計情報の閲覧・更新ができるようになったほか、案件の状況に応じて柔軟に契約ユーザー数の増減を行うことが可能。

 3. パフォーマンスの大幅強化

 設計支援ツール、はサクサクと動くことが非常に重要。「OBDZ 19」では最新技術を駆使したWeb化により、パフォーマンス速度を従来の約150%と大幅に向上。 

 4. 既存設計データの互換性

 「OBDZ 19」は、従来の「OBDZ」との互換性を持っているため、これまでに「OBDZ」を使って作成した設計書データは、そのまま「OBDZ 19」でも利用できる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/11997 2019/05/07 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング