Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アライドテレシス、SDN/アプリケーション連携ソリューション「AMF-SEC」と日立の「JP1/ITDM2」がSDN連携

  2019/08/27 14:00

 アライドテレシスと日立製作所は、アライドテレシスのSDN/アプリケーション連携ソリューション「AMF-SEC」と日立の統合システム運用管理「JP1」の資産・配布管理製品である「JP1/IT Desktop Management 2(JP1/ITDM2)」を連携し、SDNによるネットワーク運用管理の効率化と端末状態の一元管理を図るソリューションの提供を開始したと発表した。

 日立の「JP1/ITDM2」は、「機器の管理」「ソフトウェアの配布」「セキュリティ対策」など、IT資産管理に欠かせない機能をオールインワンで提供する資産・配布管理製品になる。

 中小規模だけでなく、中継システムの設置により、大規模環境にも対応。操作しやすいインタフェースと豊富な管理機能で、PCやサーバだけでなく、仮想デスクトップやスマートデバイスなど、多様化するIT資産のハードウェア情報、ソフトウェア情報、セキュリティ情報などを自動収集し、一元管理する。

 アライドテレシスの「AMF-SEC」は、企業のネットワーク運用を最適化し、サイバー攻撃や内部犯行への対策、管理端末の情報インシデント対策に向けたエッジスイッチによるセキュリティ強化ソリューションとして開発された。

 アプリケーションと連携・連動するネットワークによってユーザートラフィックの動的制御機能を提供する。セキュリティの強化と、ネットワークの運用にかかるコストの削減、運用負荷の低減を実現しているという。

 「AMF-SEC」と「JP1/ITDM2」の連携により、ネットワーク運用効率化を図るソリューションを提供する。具体的には、「JP1/ITDM2」管理下にあるIT資産管理情報(MACアドレス情報、端末情報、利用者情報、部署・場所情報等)を基に、ネットワークのアクセス認証情報を設定する。

 これにより、「JP1/ITDM2」管理下にある情報端末のみ業務ネットワークの利用を可能とし、未許可端末による不正接続から業務ネットワークを守る。また、部署や場所移動が生じた場合、「JP1/ITDM2」上での情報更新を行うだけで、仮想ネットワークの変更が容易に実現でき、運用効率の向上を図るとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5