SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

セキュリティトークンを用いた不動産証券化実証実験を開始――ビジネス面での有用性を検証

 ブロックチェーンネットワーク上で発行され証券性を有するデジタルトークンであるセキュリティトークンを用いた取引「セキュリティトークンオファリング(STO)」は、透明性・即時性が高くグローバル取引の活性化や流動性の向上が見込まれるといったメリットが多い。そこで、比較的資金調達が困難とされている地方部での地域活性化の取り組みや、中小企業における成長産業への転換投資をサポートするなど社会課題解決にも活用可能な資金調達手段としても期待されている。

 セキュリティトークン市場は、既に北米を中心に拡大。日本国内では、2019年5月に成立した「情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律」により、新たに「電子記録移転権利」という概念が導入され、配当・投資を目的として発行されるトークンが電子記録移転権利等としての適用対象となる旨が明確化された。これにより、セキュリティトークンは従来の金融および投資の形態と同じ金融商品として取り扱われている。

 同実証では、投資家保護に必要な機能を備え、発行体と顧客がセキュアに取引可能なシステムを開発し、不動産証券化事業へのセキュリティトークン適用の有効性について、ビジネスモデル・技術・法規制などの観点で検証を行う。そのほか、国内ビジネスにおける新たな資金調達手法としてセキュリティトークンがどれほど有用であるかも検証するという。

 実証対象は国内不動産企業、期間は2019年10月~2020年1月を予定している。 

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/12563 2019/10/30 13:26

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング