EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本オラクル、東京でOracle CloudとMicrosoft Azure間の相互接続を開始

  2020/05/08 16:00

 日本オラクルは、Oracle Cloud東京リージョンとMicrosoft Azure東日本リージョン間での相互接続を開始した。すでに接続を開始しているアッシュバーン、バージニア、トロント、ロンドン、アムステルダムに次いで、アジア地域ではこれが最初の展開となる。

 今回の相互接続は、2019年6月に発表したクラウドの相互運用性に関する統合の一環。Oracle CloudおよびMicrosoft Azure間で、ミッションクリティカルなエンタープライズワークフローの移行、展開を可能にする。

 低遅延な相互接続によって、Oracle CloudとMicrosoft Azureとで実行されているアプリケーション間での相互運用が実現する。

 すでに両社のクラウド活用を進めているユーザーは、一部のワークロードをOracle Cloudで実行し、同じワークロードの他の部分をMicrosoft Azureで実行できる。既存のIT投資を保護しつつ、Oracle CloudおよびMicrosoft Azureの利用が可能になる。

 さらにオラクルとマイクロソフトは、両社で統合されたIDとアクセス管理も提供している。そのため、ユーザーはクラウドリソースとアプリケーションにアクセスする際に、複数のパスワードを管理する必要がない。

 また、共同サポートモデルとグローバルパートナーエコシステムによって、オラクルおよびマイクロソフト共通のユーザーに、クロスクラウドで実現される、高度な柔軟性と選択肢を提供する。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5