SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ラスベガス市とNTTグループ、「スマートシティプロジェクト」導入エリアを拡大

 NTTグループの日本電信電話、NTTデータ、NTTコムウェア、NTTコミュニケーションズ、NTT Ltd.と、米ラスベガス市は、現在共同で推進している「スマートシティプロジェクト」の導入エリア拡大を発表した。

 「スマートシティプロジェクト」は、2019年夏からコミュニティ・ヒーリング・ガーデンとラスベガス通りの一部ですでに導入されている。2020年夏にはボブ・バスキン・パーク、ロータリー・パーク、スタパック・パーク、エセル・ピアソン・パークへ拡大し、2020年末までにはさらに6つの公園への展開を予定している。

 これまでのイノベーション地区での取り組みでは、逆走件数の減少など交通状況の改善がみられた。今後は、公園など市内設備の安全状況や保全状況の問題点をリアルタイムで通知するソリューションへと拡大し、市民や観光客の安全性や快適性をさらに追求していく。

 また、同市が掲げる「スマートパーク・イニシアティブ(スマートパーク事業)」の一環として、この取り組みによって市民の安全を確保する。同時に、職員がリアルタイムで公園の利用状況を把握し、公園運営や保全について、より多くの情報に基づいた意志が決定できるようになる。

 同市に導入されたソリューションは、NTTの「コグニティブ・ファウンデーション」のシステム構成に基づいて構築。デバイスやネットワークからクラウドまで、ICTリソースのリモートでの作成・管理・運営を可能にしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/12957 2020/05/15 15:21

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング