EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

GitHub Archive Program、21TBにおよぶリポジトリデータの北極圏への保管が完了

  2020/07/22 18:00

 米GitHubは、21TBにのぼるリポジトリデータの北極圏への保管を、7月8日(現地時間)に完了した。この保管作業は、オープンソースソフトウェア(OSS)を次世代へと引き継ぐプロジェクト「GitHub Archive Program」の一環になる。

 GitHubは、2月2日にはvault(貯蔵庫)内にアーカイブ保存するためのソースコードとして、GitHub上に公開済みのすべてのアクティブなパブリックリポジトリのスナップショットを取得。GitHubのアーカイブパートナーであるPiqlによって、21TBのリポジトリデータを186リールのpigFilm(デジタル感光性アーカイブフィルム)へ、数か月間を費やして転写された。

 当初の計画では、GitHubチームがノルウェーの現地へ行き、世界のオープンソースコードを北極圏まで直接持参する予定だったが、新型コロナウイルス感染症の状況によって計画の変更を余儀なくされた。同社は計画のパートナーと緊密に連絡を取りつつ、安全なタイミングを図ってノルウェーのスヴァールバルへ輸送し、7月8日の保管完了に至った。

 アーカイブされたすべてのリールには、GitHubコミュニティに寄せられた投稿に基づき、5つの言語で記載された「GitHub Code Vaultガイド」が同梱されている。同ガイドは、「GitHub Archive Program」のGitHubリポジトリから入手できる。また、保管されたアーカイブには、技術史および文化的背景を人間が読み取れる形式で文書化したリール「Tech Tree」も含まれている。

GitHubブログより

GitHubブログより

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5