SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アクセンチュアとMIT、提携関係を拡大へ 3つの柱に沿った共同研究を推進

 アクセンチュアとマサチューセッツ工科大学(以下、MIT)は米現地時間10月26日、「MITとアクセンチュア 業界やテクノロジーのコンバージェンス(融合)に関するイニシアチブ(MIT and Accenture Convergence Initiative for Industry and Technology)」を開始したことを発表した。

 今後5年間で、将来を見据えた知見や研究成果の発表、教育プログラム開発などの活動を展開し、企業がテクノロジーの可能性を最大限に引き出すことができる実践的なガイダンスを作成していくという。

MIT L.ラファエル・ライフ学長(左)とアクセンチュア ジュリー・スウィートCEOがバーチャル調印式に出席

MIT L.ラファエル・ライフ学長(左)とアクセンチュア ジュリー・スウィートCEOがバーチャル調印式に出席

「MITとアクセンチュア 業界やテクノロジーの融合に関するイニシアチブ」3つの柱

 研究:短期的、長期的な視点を併せ持って、業界やテクノロジーの融合に関する共同研究プロジェクトを推進する。取り扱うテーマは、新型コロナウィルスの長期的な影響、ロボティクスによるヘルスケア変革、未来の労働環境における人工知能(AI)の役割、製造やサプライチェーンのデジタル化など多岐にわたり、国際会議などで発表するとしている。

 教育:アクセンチュアとMITが提供する教育プログラムは、ビジネスを変革するテクノロジーについての理解を深め、産業界やビジネスリーダーの資質向上を目的に据えている。具体的にはクラウド・コンピューティング、AI、バイオエンジニアリング、3Dプリンティング、ロボティクス、5G、ブロックチェーン、量子コンピューティングなどの分野が網羅される予定だという。

 研究奨励制度:重要な学問分野における多様性を高めるために、MITは大学院生の中から毎年5名の「アクセンチュア・フェロー」を選出し、アクセンチュアが学術的支援を提供するとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13616 2020/11/17 15:50

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング