EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

インフォマティカ、エンタープライズ規模のマスターデータ管理製品を発表

  2021/01/15 15:05

 インフォマティカは1月15日、エンタープライズ規模のクラウドネイティブソリューション「Customer 360 SaaS」を発表した。

 Customer 360 SaaSソリューションは、クラウド上で構築されたエンドツーエンドのマスターデータ管理ソリューションだという。カスタマーエクスペリエンスの継続的な拡充方法として360度ビューを提供し、カスタマーインサイトを引き出せるとしている。

「Customer 360 SaaS」の主要機能

  • クラウドでの「オールインワン」マスターデータ管理によるカスタマーエクスペリエンス:データ統合、データ品質、ビジネスプロセスのオーケストレーション、参照データの管理をシームレスに実行できるオールインワンのプラットフォームをSaaS環境で実現できるため、所有コストの削減とビジネス効率の向上を図れるようになる
  • ビジネスユーザーがパーソナライズされた顧客エンゲージメントを提供できるよう支援:データ統合された360度ビューによって販売効果を向上させ、新たな機会を発見できる。また、効率的にアップセル、クロスセルの自動化が可能
  • 急増するデータ管理をAIでサポート:AIエンジン「CLAIRE」を活用することにより、マッチング、データ品質、データリネージといった機械学習機能と拡張性で、変化し続ける顧客とビジネスのニーズに対応することができる

 インフォマティカの最高製品責任者であるジテッシュ・ガイ(Jitesh Ghai)氏は、「カスタマーエクスペリエンスは依然として、イノベーションなくして存続できない競争の激しい分野です。クラウド上にエンタープライズ規模で構築された『Customer 360 SaaS』ソリューションは、クラウドファーストかつクラウドネイティブの最新マスターデータ管理ソリューションです。俊敏性とスピードをもたらし、継続的に変化する消費者行動にリアルタイムで対応できるよう、企業の変革を実現します」と述べている。

【関連記事】
インフォマティカ、Amazon S3上でデータレイクの管理・拡張が可能に
NTT Com・インフォマティカ・NTTデータが協業し、DXを推進するデータ利活用ビジネスを発表
NSW、インフォマティカのデータ統合プラットフォーム製品の導入支援サービス提供を開始

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5