SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

KDDI、2022年度400人を中途採用 DXに特化した専門人材の獲得を加速

 KDDIは2022年度の中途採用で、2021年度比で2倍となる過去最大の400人を採用する計画であることを明かした。同社は多様な人財の確保により、au 5Gを活用した新規事業の創出や、非通信事業の強化、社内外のDXなど、通信を核とした事業の多角化を加速させるとしている。

 2022年度の中途採用計画では、顧客の経営課題を踏まえたDX戦略の策定とソリューション開発を担う人財の採用を強化。なかでも、プロダクトマネージャー、コンサルティング営業、ソリューションエンジニアなどの専門性を有する人財の採用に注力するという。

 同社は10月27日に、DX人財を2023年度までにグループ全体で約4,000人に拡大すると発表していた。DX人財のうち、中核を担う人財をDXコア人財と定め、社内人財育成機関の「KDDI DX University」で、約1年間200時間におよぶ研修を実施。2023年度までに500人規模を育成するとしている。

 また、2020年8月から、働いた時間ではなく成果や挑戦および能力を評価・称賛し、処遇へ反映する「KDDI版ジョブ型人事制度」を導入。同社は今後も、グループ内の広範な事業領域でのさまざまな成長機会を活用するジョブ型を推進していくという。

【関連記事】
アイデミーとKDDI、地域DX人材育成を共同で推進
KDDI、2023年までにDX人財をグループ全体で約4,000名に拡大目指す
富士通とKDDI、5G活用の新サービス実現を目的にパートナーシップ締結

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15406 2021/12/28 17:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング