SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

直近1ヵ月で3割の企業にサイバー攻撃 帝国データバンクがアンケート調査を実施

 近年多発するマルウェア(Emotetなど)による感染拡大を受け、帝国データバンクがサイバー攻撃に対するアンケートを行った。

 同調査では、企業の28.4%が1ヵ月以内にサイバー攻撃を受けたと回答。また企業規模により、1ヵ月以内のサイバー攻撃の有無に差が生まれた。

 直近1年以内でサイバー攻撃を受けた(可能性も含む)と回答した企業のうち、28.4%の企業で「1ヵ月以内に受けた」と回答。このことから、ウクライナ情勢の緊迫化以降、サイバー攻撃が発生していることがうかがえるという。一方で「まったく受けたことがない」と回答した企業は4割超となっている。

 また直近では、ランサムウェアなど不審なメール受信による被害だけでなく、大手ECサイトや銀行、クレジット会社などを騙った不正サイトへの誘導などが発生しているとのことだ。

 規模別に見るとサイバー攻撃を「1ヵ月以内に受けた」企業は「大企業」で33.7%、「中小企業」で27.7%、うち「小規模企業」では26.4%となり、企業規模によりサイバー攻撃の有無が分かれている。だが中小企業を経由して大企業の情報を窃取する事案も多く、企業規模が小さくても狙われる危険性は大いにあるという。

 同社の過去の調査でも事業継続のリスクとして32.9%の企業がサイバー攻撃などの情報セキュリティ上のリスクをあげており、企業は事前の防御だけでなく事後の回復を見据えた備えが必要だとしている。

【関連記事】
日本が2021年最もサイバー攻撃を受けた国に 製造業の攻撃増加も──IBM Security調べ
世界のCISOは今何を危惧しているのか ユナイテッド航空やシーメンスが訴える「セキュリティの転換期」
猛威を奮ったEmotet再び セキュリティ連盟、サイバー攻撃の急増に注意喚起

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15716 2022/03/23 14:43

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング