SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

OKI、仮想化基盤を一括提供する「仮想化基盤導入トータルサービス」を提供

 OKIは1日、顧客の適用領域に最適な仮想化基盤を一括提供する「仮想化基盤導入トータルサービス」を開始した。

 同サービスは、OKIが過去5年間に手がけたさまざまな仮想化基盤構築・運用実績から得た技術・ノウハウを集大成したもの。アセスメントに基づく導入プランニングから、ハードウェア・ソフトウェア製品の選定およびインテグレーション、導入システムの運用支援までを網羅し、顧客のシステム基盤に関する各種課題に対し最適なソリューションを包括的に提供する。

 OKIは、2004年から段階的に自社グループ内サーバ約3,300台を仮想化などの技術で統合。業務関連システム数が増加する中、サーバ台数を半減させることに成功している。この実績を通じて得た技術・ノウハウを活かし、同様の課題を抱える顧客に対して、2006年より仮想化基盤の提供を開始。以来、これまでの数多くの課題を解決してきた。これらノウハウを集成したのが、今回の、「仮想化基盤導入トータルサービス」だ。

 同サービスでは、仮想化基盤導入の流れを「プランニング」「インテグレーション」「運用支援」の3つのフェーズに大別。各フェーズで顧客の課題解決に適合するシステムのあり方、導入計画の妥当性、発生しうるリスクと対応策等を、熟練のシステム基盤エンジニアリングチームが顧客と共に検証・判定しながら、安全・確実に顧客の適用領域に最適な仮想化基盤を提供する。

 基本価格は370万円(税別)~。今後2年間で50社への提供を目指す。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/1584 2009/07/02 11:16

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング