EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

3年以内に自動化市場は3000億規模に拡大 UiPathが今後の市場見通しと事業方針を発表

  2022/04/19 20:05

 UiPathは4月19日、事業戦略説明会を開催。同社は日本における22年度の総括として、以下の5点を挙げ、日本の自動化市場に対する現状と今後の見通しについて発表した。

  • AI×RPAを実践する企業が増加
  • 基幹系システム周辺のRPA活用増加
  • 大企業におけるプロセスマイニングの本格導入が増加
  • DX人材育成へのRPAプロジェクトの活用
  • 社会貢献へのRPAの活用

 同社によれば自動化を推進している企業は増えつつあるものの、活用の「停滞」企業と「推進」企業とで大きく二極化してしまっているという。

 活用が進む企業の特徴としては、RPAによる数百~数千人規模の時間創出目標や経営アジェンダへの取り組みにも進んでいる。一方で停滞している企業では、局所的な対応や現場レベルにとどまってしまうとのこと。

 最も、人材不足や日本の労働生産性の低さから、日本における業務自動化の必要性を訴えるほか、自動化マーケットは今後2025年までに3000億円規模まで拡大すると見込んでいる。

[画像クリックで拡大]

 また同社は、2023年度の事業方針の一つとして「デジタル人材育成の推進」を掲げる。自動化のための知識とスキルを習得できる環境整備として、オンラインコミュニティの運営や電通国際情報サービスと共同開発した人材育成プログラムを通して、スキルミスマッチの解消と不足するDX人材の支援を行っていくという。

[画像クリックで拡大]

【関連記事】
ジオテクノロジーズ、UiPath活用で地図データの変動に対応 23年4月までに業務生産性を3倍に
3年以内に1,500名以上のDX人材を育成へ 電通国際情報サービスがUiPathと協業事業
NECソリューションイノベータが煩雑化するRPA運用を支援 UiPathに対応

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5