SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Red HatとGMが「SDV」促進のため協業へ 開発サイクルの改善などを目指す

 米現地時間5月10日、Red Hatとゼネラルモーターズ(以下、GM)は、エッジでのソフトウェア・デファインド・ビークルの促進を支援するために協業することを発表した。

Red Hat and General Motors Collaborate to Trailblaze the Future of Software-Defined Vehicles

 両社は、GMのUltifiソフトウェア・プラットフォームの継続的な開発を目的に、機能安全認定Linuxオペレーティングシステム基盤を提供する「Red Hat In-Vehicle Operating System」を中心とした、エコシステムを拡大するとしている。

 同システムをUltifiプラットフォームに統合することで、両社は以下を実現するという。

  • 共通のプラットフォーム全体にわたるソフトウェアの整理統合と再利用によるコスト削減
  • 開発サイクルの改善による新しい顧客機能およびソフトウェアの機能向上のより迅速な市場投入
  • セーフティアプリケーションに関連するシステムの継続的な機能安全性の認定
  • 新しいサービス、ビジネスモデル、および収益源の創出

 Red Hatは、2023年に始まるGMのエンドツーエンド車載ソフトウェア・プラットフォームである「Ultifi」の段階的ロールアウトに協力。LinuxベースのシステムであるUltifiは、GMの開発者、サプライヤー、および開発者コミュニティ全体がすべて使用できるように設計されているという。多くのセンサーと大量の匿名データを利用できるとしている。

【関連記事】
IBM、ハイブリッド・マルチクラウド戦略を拡大 RedHatとの連携も強化へ
RedHatの後押しもありクラウドの収益成長は好調に IBMが第3四半期の連結決算を発表
RedHat、サムスンとの提携を発表 Kubernetesベースの5Gソリューション導入促進を狙う

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16005 2022/05/18 22:23

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング