SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

企業間決済サービス「りそな支払ワンストップ」にAI insideの文字認識APIを採用

 AI insideは、同社がAI・インテリジェンスAPI群として提供する「Developer’s API」の1つである文字認識APIが、企業間決済サービス「りそな支払ワンストップ」に採用されたと発表した。

 りそな支払ワンストップは、紙やFAXなどの請求書に係る支払業務の効率化を目的に、りそな銀行とNTTデータが共同開発。AI-OCRにより請求書の情報を読み取り、自動的に支払データを作成した後、りそな銀行のインターネットバンキング「りそなビジネスダイレクト」に連携して振込を行う。また、支払完了した請求書データは自動的に電子保管され、検索が可能。支払業務の一連のフローを自動化し、ワンストップで対応できる新しい企業間決済プラットフォームとして提供されているという。

 今回、同サービスの振り込みデータ作成の工程において、AI insideがAI・インテリジェンスAPI群として提供する文字認識APIを、AI-OCRエンジンとして採用。従来のOCRでは読み取りが困難とされた手書き文字も高精度に読み取り、あらゆるフォーマットの帳票・画像から情報を抽出・構造化できるとしている。

 AI insideは今後、AIインフラを提供するプラットフォームとして、様々な社会基盤や商材との連携を通じて、ハイパーオートメーションによる業務プロセスの改善・ビジネス変革の推進に貢献するとのことだ。

【関連記事】
デジタル通貨で流通サプライチェーンの決済を一気通貫 日立も参加し効果検証へ
DatachainとNTTデータ、異なるブロックチェーン上のDVP決済実験に成功
NTTデータなど4社、デジタル通貨を活用した新たな貿易決済の実用化に動く

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16257 2022/07/05 15:20

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング