SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NTTなど4者共同で「男木島」メタバースの活用へ 離島地域の課題解決を目指す

 日本電信電話(以下、NTT)と、西日本電信電話 香川支店(以下、NTT西日本)、男木島生活研究所(以下、男木島生活研)、ケノヒは、フォトリアルな「男木島」メタバースによる関係人口創出・拡大を目的とした「TENGUN Ogijimaプロジェクト」に関する共同検討を開始した。

 高松港から北に8キロメートルの沖合、瀬戸内海の中央に位置する「男木島」(おぎじま、高松市男木町)は、周囲約4.7キロメートル、人口160名ほどの小さな島で、その約6割が高齢者。人口は自然減の状態で、既存の課題に加えてコミュニティの変化にともなう教育や医療などにおける新しい課題も抱えており、その解決に向けて地域外の「関係人口」と呼ばれる人材が、地域づくりの新たな担い手になることが期待されているという。

 このような状況をふまえ、同プロジェクトでは、IOWN構想のもとNTTで研究開発を進めている3D空間メディア処理技術や「Another Me」関連技術などを活用。リアル世界/サイバー世界それぞれの体験をシームレスにつなげることが可能な新たなコミュニケーション基盤の社会実装により、関係人口の創出・拡大に取り組むとしている。

 今回の取り組みでは、対象地域である「男木島」を3D点群データに代表される現地で計測した情報をもとに、没入感の高いフォトリアルなサイバー空間として再現。本空間を介して、現地の豊かな自然などにも触れながら、島民の方との出会いや交流を促進し、島での生活をリアルに体感してもらうことで、地域外の人の「男木島」に対する情熱や愛着を醸成し、「関係人口」の創出・拡大、「男木島」をはじめとする離島地域が抱える様々な課題解決を目指すという。

各社の役割

  • NTT:IOWN構想による、リアル世界とサイバー世界の体験をシームレスに連携可能な新たなコミュニケーション基盤の研究開発・社会実装
  • NTT西日本:新たなコミュニケーション基盤活用による、持続可能な地域実現に向けた課題解決シナリオの共創、社会実装
  • 男木島生活研/ケノヒ:地域の課題・実態を踏まえた活用方法検討への協力、現地実証・実装支援

 なお、「NTT R&D FORUM ― Road to IOWN 2022」において「男木島」メタバースのデモンストレーションを実施。現地関係者とともに同空間の具体的な活用方法を検討後、その可能性や価値・ビジネスモデルの検証を行い、早期の社会実装を予定している。

【関連記事】
NTT、IOWN構想実現に向けて「基礎数学研究センタ」を設立
NTTデータ、「IOWN推進室」を設置しNTT研究所との連携を深める
NTTとNEC、サプライチェーンセキュリティリスク低減を目指す技術実証の開始を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16961 2022/11/15 12:07

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング