SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

イクシスと日本IBM、AIを活用した社会インフラの保全・保安業務向けソリューションの共同検討に合意

 イクシスと日本IBMは、老朽化が進む設備を安全な状態で効率的に維持・管理していくことを目指し、設備保全・保安業務向けソリューションを共同で検討していくことに合意したと発表した。

 今回の協業で両社は、イクシスの社会・産業インフラ向けロボットソリューションとAI解析技術に、IBMの設備保全管理プラットフォーム「IBM Maximo Application Suite」を活用。公共インフラを中心とした事業者における新たな予防保全サービスを協創していくという。

 連携の第一弾として、イクシスの床面ひび割れ検査ロボットFloor Doctorをはじめ橋梁などのコンクリートひび割れ検査ロボットRope Strollerから取得された画像データやAI解析データや3DデータをMaximo Application Suiteに蓄積。経年変化を追えるソリューションの検討を開始する。

 今回の協業により両社は、イクシスのロボット/AIソリューションとIBMの設備保全管理プラットフォームを活用することで、人とロボットが協調して実際の維持管理業務で活用可能な予防保全プラットフォームサービスを開発し、インフラが抱える社会的課題の解決に貢献していくとしている。

【関連記事】
IBMとVodafoneが耐量子サイバーセキュリティーで提携 通信分野の量子技術の活用方法を検証
日本IBM、全社のDXを推進する「次世代型BPOサービス」を発表 SCMやCRMも幅広く受託
日本IBM、中外製薬の生産機能オペレーションのデジタル化を支援 データ基盤の構築やシステム連携を推進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17012 2022/11/24 18:50

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング