SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

PwCコンサルティング×PwCアドバイザリー×ALGO ARTISが協業 計画業務のDXを支援

 PwCコンサルティングおよびPwCアドバイザリーは、AIによる運用計画の最適化ソリューションを提供するALGO ARTISと協業し、それぞれAIを活用し開発・提供してきた需要予測と計画最適化ソリューションを、共同ソリューションとして提供開始する。同ソリューションの支援対象は、製造、エネルギー、小売、物流、運輸業などにおける、サプライチェーン上の様々な業務だという。

 協業を通じ3社は、共同で顧客の収益最大化・競争力向上に向けた計画業務のDXを支援する。具体的には、PwCコンサルティングがAI経営推進に向けた構想・戦略策定、そして次世代型需要予測ソリューション「MDF」の開発・提供を行い、ALGO ARTISが計画最適化ソリューション「Optium」の開発・提供を行うことで、AIを活用した計画業務における「予測・最適化ソリューションパッケージ」を提供していく。PwCアドバイザリーは、需要予測サービスの提供を行うほか、ALGO ARTISと共同で事業計画、財務計画、生産・販売・調達などの計画策定の高度化支援を行う。

 これにより、オペレーションの起点となる需要予測およびその予測に基づく運用計画の最適化を、包括的に、高精度かつ多面的に行うことが可能になる。近年激しさを増す環境変化に対する意思決定を高度化・迅速化することで、より強靭なサプライチェーンの実現に貢献するという。

画像を説明するテキストなくても可
クリックすると拡大します

 3社は今後、様々な領域でのソリューション展開も視野に入れ、戦略的パートナーシップの構築を進めていくという。

【関連記事】
先進企業と大きく水をあける結果も、アジャイル開発の準備進む──PwC『2022年DX意識調査』
PwCコンサルティングとゼノデータ・ラボが協業 AI経営を前提とした「xenoBrain」の活用推進
PwCコンサルティング×SAPジャパン、顧客データソリューションで協業

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17360 2023/02/13 19:10

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング