SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

CTCテクノロジー、企業のデジタル人材育成を支援する「DX基礎力診断サービス」提供

 CTCテクノロジー(以下、CTCT)は、企業のデジタル人材育成を目的として、DX基礎力診断サービスを開始。DXを推進し業務変革や新規ビジネスの創出を目指す企業を中心に提供するという。

 同サービスは、CTCTが提供するITスキル診断サービスにおけるメニューの一つ。全50問のWebテストを通じて、従業員のDXに関する基礎知識を把握できる。テスト項目は、「IT入門」「AI・機械学習・ディープラーニング入門」「データサイエンス入門」「DX入門」「クラウド概要」の5つの分野に分かれており、デジタルリテラシー協議会が定義する「Di-Lite」にも準拠しているとのこと。企業が新規ビジネスの企画や業務変革に向けた施策を検討する前に、従業員が持つITの知識やDXに必要とされる基礎スキルを把握できるとしている。

 また、テスト項目の分野ごとに受験者全員の正答比率やスキルレベル(正答率)をレポートで可視化し、部署ごとの得意・不得意分野も算出することが可能。人材育成の計画立案や育成施策に役立つという。

 加えて、診断レポートの結果をもとに受験者一人ひとりに合った研修コースを提案。基礎的なDXに関する知識を習得できる「IT/AI・機械学習・ディープラーニング/データサイエンス/DX/クラウド」の基礎研修コースを用意し、対面・オンライン式の受講コースと併せて、CLS(CTCTラーニング・サブスクリプション)サービスを利用することで、基礎知識の定着につながるとしている。

診断レポートイメージ
診断レポートイメージ

【関連記事】
Snowflakeを活用したDXの潜在的ニーズを発掘するサービスをCTCが発表 5年で50社に提供へ
CTC、企業の独自利用に特化した対話型生成AI環境を構築するサービス開始
Arrcus、ソフトバンクやCTCなどと日本市場で本格展開 従来ベンダーにない柔軟性などで勝負

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18377 2023/09/11 17:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング