SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

チェック・ポイント、生成AI活用した「Infinity AI Copilot」を発表

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、米国時間1月30日、第1世代の「Infinity AI Copilot」を発表した。主な機能は以下の通り。

  • セキュリティ管理の迅速化:イベント分析、実装、トラブルシューティングなどのセキュリティタスクの管理作業に必要な時間を最大90%削減
  • セキュリティポリシーの管理とデプロイ:顧客ごとのポリシーに特化したアクセスルールとセキュリティコントロールの管理、変更、および自動的なデプロイを行う
  • インシデントの緩和と対応を改善:AIを活用し、脅威を発見、分析、解決
  • ソリューションと環境を統括:Check Point Infinity Platform全体にわたる製品を統括し、包括的アシスタントとして役目を果たす
  • 自然言語処理:あらゆる言語を理解してチャットで応答が可能

 同社は現在、Infinity AI Copilotのプレビュー版を提供しており、2024年第2四半期中に正式な発売を予定しているという。将来的には、プロアクティブなアシスタント機能や自律的なポリシー管理機能を開発予定だとしている。

【関連記事】
なりすましの多いブランド首位にMicrosoft──チェック・ポイントがフィッシングレポート発表
チェック・ポイント、世界脅威インデックス最新版発表──2023年12月にQbot復活を確認
チェック・ポイント、最新のフィッシングメール事例を確認 悪意あるファイルの99%がEメール経由

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19186 2024/02/08 16:11

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング