SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

サイオスとIBM、中堅企業向けに「事業継続 簡単クラウド」を提供

このソリューションは、災害時に自社のITシステムからクラウド上のバックアップシステムに切り替えるもので、少ない初期投資と短い構築時間で事業継続を支援できるという。

このソリューションは、サイオスのHAクラスターソフトウェア「LifeKeeper」とIBMの企業向けパブリッククラウドサービス「IBM Smart Business Cloud-Enterprise」を組み合わせることで実現し、サイオスおよび日本IBMのビジネスパートナーにより導入・構築サービスを含めて提供するとしている。最初のパートナーとして、トッパン エムアンドアイが提供を開始し、順次取り扱いビジネスパートナーを拡大する予定だという。

「事業継続 簡単クラウド」は、起動申請後最短10分で使用でき1時間あたり10円の使用料金であるIBMのクラウドサービス上の仮想サーバーおよびストレージをバックアップ・システムとして利用する。サイオス「LifeKeeper」のHAクラスター機能により、システム障害を監視し、障害時に自動的にクラウド上の仮想サーバーへ切り替えが行われるという。

新規にサーバー、ストレージ、OSなどのIT資産を購入する必要がないため、少ない初期投資で短期間に構築でき、バックアップ運用コストを最適化できるという。また、バックアップシステムの設置場所は、日本以外だけでなく、米国、ドイツ、シンガポールなど、海外のIBMデータセンターからも選択できるため、グローバル規模での事業継続を実現が可能だという。

■「事業継続 簡単クラウド」の詳細
http://www.sios.com/popup/lifekeeper/partner/si/solution-ibmcloud.html
http://www.toppanmi.jp/solution/si02/si02_05/lifekeeperibm_smart_business_c.html

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/3281 2011/06/29 12:09

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング