SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ネットワールドとハンドリームネット、対サイバー攻撃でアクセスネットワークのセキュリティ対策を提唱

ハンドリームネットとネットワールドは、クライアントがウィルスに感染し、LAN内に入り込むことを前提として、その活動を最小限に抑えるための対策を重視しすることを訴えている。総合セキュリティが重視される中で、従来は見落とされてきたクライアントを直接接続(アクセス)するアクセスネットワークのセキュリティ対策を強化するために、セキュリティLANスイッチ「SGシリーズ」の普及に努めるという。

「SGシリーズ」は、クライアントが直接接続されるL2(レイヤー2)スイッチに、ハンドリームネットが独自開発したASIC のセキュリティチップを搭載した製品。ウィルスの感染活動に特徴的な通信の振る舞いを瞬時に検知し、疑わしいクライアントを自動的に遮断するため、LAN内のウィスル拡散、必要のない有害トラフィック、感染したクライアント経由での情報漏えい対策が可能だという。

アンチウィルスでも止められない情報漏洩の前兆であるスキャニング、情報取得や盗聴によく使われるARPスプーフィングなどを遮断でき、また、検知テクノロジーはシグネチャやパターンファイルに依存しないため、ゼロデイ攻撃でも感染の拡大を抑制することが可能だとしている。

また、通常のLANスイッチと同様に簡単に導入でき、「自動検知+自動分析+自動遮断+自動解除」が可能だという。さらに、付属の管理ツール「Visual Node Manager」により、どの端末からスキャンしているか、DOSやDDOS攻撃がされているかなど、どこで何が起こっているかをリアルタイムに発見し把握できるという。

このたびの販売強化にともない、実際にLAN環境へテスト導入し、対策の効果を評価するために、無料貸し出し機の提供を行うという。

「SGシリーズ」の機能・特徴は次の通り。

・Behavior(振る舞い検知)方式によりウィルスパターンファイルの更新不要
・特許技術MDSセキュリティエンジン搭載で、ゼロデイ攻撃にも対応可能
・ARPスプーフィングによる内部ハッキング攻撃を排除
・IP電話やユニファイドコミュニケーション環境における盗聴を自動検知・自動遮断
・ネットワークエッジでDoS/DDos攻撃などの各種有害トラフィックを検知・遮断
・高度なセキュリティ機能を実現しながら、Full Wire Speedでの転送を保証
・Self Loop Detect機能のサポートで、ネットワークトラブル対策にも利用可能

■ニュースリリース
http://www.networld.co.jp/news/press2011/1208.htm

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/3648 2011/12/08 11:44

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング