Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「クラウドコンピューティングは雇用を奪うのではなく、雇用を創出する」 マイクロソフト、クラウドが2015年までに世界で1,400万の雇用を創出するという調査結果を公表

  2012/03/08 14:00

米マイクロソフトは、クラウドコンピューティングが2015年までに全世界で新たに1,400万の雇用を創出するという調査結果を公表した。この調査レポートは、マイクロソフトが米国の調査会社IDCに依頼したものだという。
 

IDCの調査によると、クラウドのイノベーションによる総収入が2015年までに年間1.1兆ドルになり、この経済効果がクラウドの効率性と相まって、企業などの組織における再投資と雇用の拡大を推進すると予測されているという。

発表によると、IDCのチーフリサーチオフィサー兼シニアバイスプレジデントのジョン・ガンツ氏は、「クラウドコンピューティングの価値は多くの組織が認めるものとなる一方で、クラウドコンピューティングが雇用を奪うという誤解がよく見られます。しかし、本調査からクラウドコンピューティングは雇用を創出することがわかりました」と述べているという。

この調査レポートでは、業種により雇用創出率が異なること、また、パブリッククラウドへの投資が、プライベートクラウドへの投資と比較してより早く雇用創出を推進することが示されているという。また、クラウドコンピューティングにより創出される雇用に、各国の政府が影響を与えられる点についても言及しているという。

■調査結果の詳細(英文)
http://www.microsoft.com/presspass/features/2012/mar12/03-05CloudComputingJobs.mspx

■マイクロソフトのクラウドソリューションの詳細
http://www.microsoft.com/en-us/cloud/default.aspx?fbid=92ndoVValL4

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5