SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

マカフィー、DNS Changerの感染を診断・修復するツールを無償提供

感染PCは、7月9日以降のWebサイト接続が不能になる可能性

このツールにより、DNS Changerに感染したかどうかを簡単に調べることができ、また感染していた場合は修復することができるという。

マカフィーのWebサイトに置かれたボタンをクリックするだけで、DNS Changerに感染しているかどうかを簡単に調べることができるという。感染していた場合は、サイト上でインターネット設定を修復する無料のツールのダウンロードを促す表示がされるという。

DNS(ドメイン・ネーム・システム)は、ユーザーが接続したいWebサイトのサイト名を、コンピューター同士が通信するために使用されるIPアドレスに変換するもので、ユーザーがサイト名をブラウザに入力すると、そのコンピューターはDNSに接続するようになっている。

DNS Changerは、サイバー犯罪者によって作成されたトロイの木馬で、何百万人というユーザーのインターネットトラフィックをリダイレクトして別のWebサイトに誘導し、広告によって利益をあげていたという。この犯罪者グループは、昨年、米連邦捜査局(FBI)によって摘発された。しかし、DNS Changerに感染したPCは、犯罪者グループによって用意された不正なDNSサーバーを参照してインターネット接続をするようになっており、多くのユーザーが接続不能になることを防ぐため、FBIがそのDNSサーバーを修正したうえで運用を続けていたという。

FBIによる運用は、7月8日までで終了するため、7月9日以降、DNS Changerに感染したコンピューターは、DNSサーバーを失うことになり、Webサイト、eメール、オンラインチャットやソーシャルネットワーキングサイトなどにアクセスすることができなくなると懸念されている。

■DNS Changer対策ツールのWebページ
http://www.mcafee.com/dnscheck/

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/4088 2012/07/06 16:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング