Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アプリケーションの開発・運用環境をクラウド上に実現 NTT Com、「Bizホスティング Cloud(n) PaaS」を提供開始

  2012/12/03 13:00

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、オープンソースのPaaS基盤ソフトウェア「Cloud Foundry」を採用した「Bizホスティング Cloud(n) PaaS」を、12月3日から企業を対象として提供開始すると発表した。
 

このサービスは、アプリケーションを開発・運用する環境を、ネットワーク、OS、データベースなどのミドルウェアを用意することなく、必要に応じて利用することができるものだという。個人ユーザーを含む本格的な提供は、2013年3月末に開始する予定だとしている。

発表によるとこのサービスの特徴は次のとおり。

1. 手間いらずのアプリケーション開発・運用環境
 ネットワークやOS、データベースなどのミドルウェアをクラウドサービスとして提供。それらの設定の自動化や、ログ管理機能によって、ユーザーは、手間をかけずに柔軟にアプリケーション開発・運用環境を利用可能。

2. コストを最適化する従量制の料金体系
 アプリケーション開発・運用環境を構築するための初期投資が不要。また、運用開始後に、スケールアウト、スケールアップが簡単にできるため、サービスの開始時にサイジングが不要。

3. Cloud Foundryの採用
 オープンソースのPaaS基盤ソフトウェア「Cloud Foundry」を採用。他のPaaSとの互換性が高く、ベンダーロックインを心配することなくサービスの開発・提供が可能。

4. Biz ホスティング Cloud(n)各種サービスとの連携
 「Bizホスティング Cloud(n) PaaS」は、「BizホスティングCloud(n)」で提供している仮想サーバーやObject Storage、また今後提供予定のRelational Databaseなどの各種サービスと同一のデータセンター内で提供されるか、NTT Comの高速ネットワークで接続されており快適に利用可能。

なお、12月3日より提供されるサービス機能は次のとおり。

1. アプリケーション開発・実行環境
 Ruby、Java、PHPなどによるアプリケーションの開発・実行環境を提供。アプリケーションのスケールアウトやスケールアップも可能。

2. ビルトインデータベース
 開発用途として MySQL、PostgreSQLを提供。

3. ログ管理
 アクセスログ、およびユーザーが実行するアプリケーションが出力するログをコントロールパネルやAPIを通じて検索/取得可能。また、ログを指定したキーワードで監視することも可能。

4. APIと開発ツール
 Cloud Foundryの各種API、およびログ管理のためのAPIを提供。APIは各種ツール(VMC等)で利用可能。

5. コントロールパネル
 Webブラウザにより、システム状態の確認、ログの閲覧や検索等が可能。

■サービスの詳細
http://www.ntt.com/cloudn/data/paas.html

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5