SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本HP、サービスシミュレーションツール「HP Service Virtualization 2.3」日本語版を発表

Webアプリケーション開発のテスト工程前倒しによる期間短縮、品質向上、コスト削減を実現

日本HPでは、Webアプリケーション開発の課題を解決するため、「HP Service Virtualization 2.3」日本語版の提供を開始するという。この製品では、日本語化された直感的なデザインインターフェイスにより、各サービスコンポーネントのシミュレーションテストを容易に行うことができるという。

SOAP、REST、JMSなど、メジャーなWebサービステクノロジーをすべてサポートしており、幅広いWebサービス環境のシミュレーションが可能だという。また、テスト用のデータ設定を行うパラメータファイルとしてExcelファイルが利用できるほか、実際のサービスで利用されているトラフィックをキャプチャーする機能も実装しているという。

なお、Webアプリケーションの開発担当者およびテスト担当者は、この製品を利用することで、シミュレーションツールを作成する作業負荷から解放されるだけでなく、コンポーネント単位でテストの実施を前倒しできるため、早い段階でのバグ発見や修正が可能となるだけでなく、手戻りコストの削減が可能だという。さらに、Webアプリケーションで使われる各サービスコンポーネントの品質が保証されることで、品質リスクも軽減できるとしている。

さらに、「HP Service Virtualization 2.3」は、日本HPの性能テストツール「HP LoadRunner」とも連携することができ、「HP LoadRunner」の管理画面から、負荷テスト時におけるシミュレーションツールのログや応答時間を確認することが可能だという。これにより、負荷テスト担当者は、通常では難しい課金対象などの制約があるサービスコンポーネントについても容易に負荷テストを行うことが可能となり、性能ボトルネックの原因がアプリケーションなのか、サービスコンポーネントなのかを切り分けることができるとしている。

今回発表された新製品は次のとおり。

・「HP Service Virtualization 2.3」
 「HP Service Virtualization 2.3」は、Webアプリケーション開発における、サービスコンポーネントのシミュレーションテストを簡単に行うことができるツール。サービスコンポーネントのシミュレーションツールを作成・編集する「Service Virtualization Designer」と、作成したシミュレーションツールをサーバーにデプロイする「Service Virtualization Server」の2製品で構成。

Service Virtualization Designer:日本語化された直感的なインターフェイスで、GUI操作とプリセットの利用により簡単にシミュレーションツールを作成可能/SOAP・REST・JMSなど全てのメジャーなWebサービステクノロジーをサポート/データモデルのパラメータファイルとしてExcelファイル(InputデータとOutputの両方記載可能)が利用可能/実際のトラフィックをリアルタイムに記録する機能を実装/パフォーマンスモデルにより、CPU負荷やスループットなど、性能に影響のある/アイテムパラメータ調整しSLAシミュレーションが可能

Service Virtualization Server:サーバーのサービスとして稼働し、多重スレッドによるシミュレーションが可能/複数のサービスを同一サーバーで稼働可能なため、サーバー台数コストを削減

■新製品の詳細
http://www8.hp.com/jp/ja/software-solutions/software.html?compURI=1174233

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/4433 2012/12/12 14:35

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング