EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

vSphere Webインターフェースに強度な暗号化とZIP圧縮機能を提供 エクセルソフト、休止状態の仮想マシン向けZIPセキュリティソフト「vZip」を販売開始

  2012/12/13 00:00

エクセルソフトは、ZIPフォーマットの発案者PKWARE社の休止状態の仮想マシン向けZIPセキュリティソフトウェア「vZip」を12月13日から販売開始すると発表した。
 

「vZip」は、スタンダードvSphere Webインターフェースに強度な暗号化とZIP圧縮機能を提供するという。使用していない休止状態の仮想マシンを、暗号化および圧縮することで、仮想環境のセキュリティの強度を高め、コンプライアンスへの準拠、ストレージコストの削減、およびデータ転送時間の短縮を実現できるとしている。

PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)では、仮想環境の視点として、休止状態の仮想マシンのセキュリティ対策も必要となっており、「vZip」を使用して、その要件に準拠することができるという。さらに、「vZip」を使用して休止状態の仮想マシンを圧縮することで、必要なストレージスペースを削減することで、物理およびクラウドのストレージコストを削減することができるとしている。

「vZip」は、VMware vSphereのPlug Inで、GUIベースによる操作が簡単であり、複雑な仮想マシンの管理を簡素化するという。

発表によると「vZip」の主な特徴は次のとおり。

・休止状態の仮想マシンを暗号化および復号化
 パスワードまたはデジタル証明書を使用して仮想マシンを暗号化。

・休止状態の仮想マシンを圧縮および解凍
 ZIP圧縮で仮想マシンのサイズを最大80%圧縮し、時間と貴重なリソースを節約。

・圧縮/暗号化した仮想マシンをコピー
 仮想マシンをネットワークパス、またはVMwareのデータストアへコピー。

・仮想マシンの開始/停止
 仮想マシンを圧縮/暗号化する前に仮想マシンを停止し、アクションが完了すると仮想マシンを再起動が可能。

・VMware VSphereと統合
 「vZip」は、VMware vCenter のPlug Inで、使用していない仮想マシンを圧縮/暗号化し、ディスクスペースのコストを削減し、データ転送時間を短縮し、かつセキュリティを確保。管理者は、vSphereのvZip GUIを使用して、仮想マシンを管理。

■製品の詳細
http://www.xlsoft.com/jp/products/pkware/index.html

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5