EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

1Uあたり40TBを超える高密度・大容量サーバーでコスト効率を向上 日本HP、ビッグデータ向け新世代ストレージサーバー「HP ProLiant SL4500」を発表

  2012/12/20 15:00

日本ヒューレット・パッカードは、ストレージ容量単価を追求したビッグデータ向けストレージサーバーの新製品「HP ProLiant SL4500 サーバーシリーズ(SL4500)」を発表した。同時に、分散ストレージシステムを実現する各種ソフトウェアベンダーとのアライアンスを強化し、企業に対する導入を促進していくという。
 

日本HPは、大規模拡張性と容量単価を追求した新しいコンセプトのストレージサーバー「SL4500」の提供を12月20日から開始する。この製品は、1ノードあたり、スペースあたりのストレージ容量密度を最大化することにより、容量単価を徹底的に抑え、大量のデータを経済的に格納することができるという。

サーバーノードには、「HP ProLiant SL4540 Gen8サーバー(SL4540 Gen8)」を搭載し、高性能なプラットフォームを実現するとともに、リモート管理機能iLO 4による「自働サーバー機能」を提供するという。

「SL4540 Gen8」には、アーカイブストレージや大容量NASアプリケーション向けの1ノードモデル(60ディスク、最大容量180TB)、メールやNoSQL向けの2ノードモデル(各ノード25ディスク、最大容量75TB)、Hadoop、Verticaなどのビッグデータ分析基盤向けの3ノードモデル(各ノード15ディスク、最大容量45TB)の3モデルをラインアップするという。

また、日本HPはソフトウェアベンダーと協業し、「SL4540 Gen8」と各種ソフトウェアとの組み合わせ検証、共同プロモーションなどを実施していくという。現在、協業を表明している企業は、SCSK、Cloudera、レッドハットの3社で、今後、参画企業を順次拡大していくとしている。

・サーバーノード「HP ProLiant SL4540 Gen8サーバー」
 「Gen8」テクノロジーの採用により、高性能の分散ストレージ基盤を実現するとともに、リモート管理機能「iLO 4」による優れた運用管理性を提供。

<主なスペック>
 プロセッサー:インテルXeonプロセッサー E5-2400シリーズ×2
 メモリスロット:12×DDR3 DIMM
 ネットワーク:1Gb Ethernetポート×2/10Gb Ethernetポート×2(オプション)
 PCIスロット:1(ノードごと、オプション)
 リモート管理機能:iLO Management Engine (iLO 4)
 アレイコントローラー:HP Dynamic Smartアレイ B120i (サーバー内蔵側)
                        HP Smartアレイ P420i (ディスクシェルフ側)

・用途に応じたラインアップ
 1ノードモデル(60ディスク、最大容量180TB):アーカイブストレージ、大容量NASアプリケーション用途に最適
 2ノードモデル(各ノード25ディスク、最大容量75TB):Web2.0、Eコマース用途に最適
 3ノードモデル(各ノード15ディスク、最大容量45TB):Hadoop、Verticaなどのデータ解析用途に最適 (2013年春発売予定)

■新製品の詳細
http://www.hp.com/jp/proliant_20121220/

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5