SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NEC、統合管理ソフトウェア「WebSAM MCOperations」の新バージョンを発売

 NECは、統合管理ソフトウェア「WebSAM MCOperations(ウェブサム・エムシーオペレーションズ)」の新バージョン(V3.3)を6月12日より販売開始することを発表した。

 今回の新バージョンでは、仮想化システムの構成をリアルタイムで可視化する機能や、複数のアプリケーションからの障害情報を自動的に分析し、障害の根本原因を検出する機能が強化されている。

 仮想化環境の可視化については、同社のプラットフォーム管理ソフトウェア「WebSAM SigmaSystemCenter(ウェブサム シグマシステムセンター)」と連携、ハードウェアの負荷に応じて業務システムを最適配置すると共に、仮想化システムを物理・仮想・論理の各階層で管理し、動的に変化する各層の関係を自動的に関連付けて可視化するという。また、あらかじめ設定されたシナリオに従い、サーバ、ネットワーク、ストレージからOS、データベース、業務アプリケーションまでを含めた環境での複雑なリソース最適配置作業を自動化することで、人手によるミスを低減し、管理作業を効率化する。シナリオには、リソース状況に合わせて「Oracle Real Application Clusters(OracleRAC)」のノード追加作業を、OSからデータベースまで一貫して自動化するものも含まれている。

 障害分析機能については、2007年6月に発表したEMC社との協業内容に基づき、EMCのリソース管理製品「Smarts(スマーツ)」と連携。膨大に発生する障害情報から根本原因を自動的に特定する。

 NECでは今後3年間で250システムの販売を見込んでいるという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/457 2008/06/12 15:32

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング