EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

処理性能の強化や内蔵バックアップ転送速度の向上など NEC、中小規模システムの仮想化向けにサーバとストレージ5機種を発売

  2013/10/16 17:00

NECは、IAサーバ「Express5800シリーズ」の1Wayエントリサーバ3機種、「iStorage NSシリーズ」のNASストレージ製品2機種を10月16日から発売すると発表した。

新製品は、最新のインテルXeonプロセッサー E3-1200v3製品ファミリーやインテルPentiumプロセッサーG3220を搭載し、従来機種に比べ処理性能を向上させたほか、バックアップ性能や可用性を大幅に強化したという。

新製品は、USB3.0ポートを標準搭載し、内蔵バックアップ転送速度を従来比約3.2倍に向上させることで、短時間でのバックアップを可能にしたという。また、冗長電源や稼働中のHDD/SSD交換に対応することで、システムの継続運用を可能にし、信頼性を向上させたという。

さらに、サーバとストレージをまとめて運用する際の電力管理機能を強化し、ユーザの運用管理工数低減に貢献するとともに、全製品の保証期間を3年に共通化し、中小規模システムの仮想化導入を支援するとしている。

今回、発表された新製品の価格(税別)と出荷開始日は次のとおり。

・1Wayエントリタワーサーバ「Express5800/GT110f」115,000円~(10月25日)
・1Wayタワーサーバ「Express5800/T110f-E」165,000円~(10月25日)
・1Wayスリムサーバ「Express5800/T110f-S」260,000円~(10月25日)
・スリムタワー型モデル「iStorage NS100Td」198,000円~(10月25日)
・1Uラックマウント型モデル「iStorage NS300Rd」398,000円~(11月26日)

また、新製品の主な特徴は次のとおり。

1. 「Express5800シリーズ」--バックアップ転送速度を向上
 最新のXeonプロセッサーを採用で処理性能を従来比最大10%向上。また、USB3.0ポートを標準搭載により内蔵バックアップ転送速度を向上。さらに、冗長電源や稼働中のHDD/SSD交換に対応し、システムの継続運用を可能にすることで信頼性を向上。

2. 「iStorage NSシリーズ」--HDD容量を従来比約1.3倍に向上
 4TBのHDDを搭載可能で最大容量を従来比約1.3倍の16TBに向上。また、サーバと連携させて一次バックアップを行う際のデータ転送速度を従来比約1.4倍、一次バックアップデータをストレージ内の内蔵データカートリッジへコピーして保管する二次バックアップの転送速度を従来比約3.2倍に向上。

3. サーバとストレージを合わせた運用管理機能の強化
 「Express5800シリーズ」と「iStorage NSシリーズ」を合わせて運用管理可能な「ESMPRO」を強化。複数のサーバやストレージをグループ化し、電力消費を抑止するグループパワーキャッピングにおいて、手動で設定した優先順位に応じたキャッピングに加え、自動で均等に制御する方式を新たに追加し、システム全体の省電力化への取り組みを推進。

■「ExpressPortal」のWebページ
http://www.nec.co.jp/exp/

■「iStorageシリーズ」のWebページ
http://www.istorage.jp

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5