Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

コア数倍増の新プロセッサと最大32TBのメモリを搭載しインメモリでアプリとDBを実行可能 日本オラクル、インメモリ処理が可能な「SPARC M6-32」サーバーとエンジニアド・システムを発表

  2013/10/23 16:00

日本オラクルは、新しい「SPARC M6」プロセッサを搭載した「SPARC M6-32」サーバーと、同サーバーを搭載したエンジニアド・システム「Oracle SuperCluster M6-32」を10月23日から提供を開始すると発表した。「SPARC M6」プロセッサは、クロック周波数が3.6GHz、前世代から倍増した12個のコアを有するという

「SPARC M6-32」サーバーは、最大32TBのメインメモリと最大32個の「SPARC M6」プロセッサ(最大384個のプロセッサ・コア)を搭載し、前世代機種とほぼ同等の価格で、アプリケーションとデータベース全体をインメモリで実行し、優れたパフォーマンスを実現するという。

「Oracle SuperCluster M6-32」は、最速で拡張性に優れたエンジニアド・システムであり、「Oracle Database」のパフォーマンスに最適化された「Exadata Storage Server」を「SPARC M6-32」サーバーと統合しているという。

「SPARC M6-32」サーバーは、大容量のメモリを搭載し、負荷による応答遅延がなく、追加コストが不要な仮想化機能を備えており、ミッション・クリティカルな業務処理に適した統合基盤だという。

「SPARC M6-32」サーバーの主な特徴は次のとおり。

・アプリケーションとデータベースをインメモリで実行し、標準的なシステムと比較して、「Oracle Database」のパフォーマンスが大幅に向上。

・電気的に隔離されたダイナミック・ドメインをサポート。このドメインでは、高可用性を維持する一方で、ワークロードを分離するためにセキュリティ、サービス、障害、リソースを完全に隔離。

・オラクルの仮想化技術「Oracle VM Server for SPARC」により、ダイナミック・ドメイン1つにつき最大128個の仮想マシンを作成できるため、「SPARC M6-32」サーバーの大容量メモリとI/Oリソースの仮想化を実現。

・仮想化機能「Oracle Solaris Zones」により、リソースの割り当てと隔離をさらに細かい単位で行うことができるため、仮想化の柔軟性と効率が向上。

また、「Oracle SuperCluster M6-32」の特徴は次のとおり。

・オラクルのインメモリ・アプリケーションによる決算、コスト管理、予測、プランニングなどのアプリケーションで、パフォーマンスが10~20倍向上。

・「Oracle Database」のクエリ検索とレポート作成を10倍高速化。

・「Oracle Database」の容量を10分の1に圧縮。

・ユーザーが独自に構築する方法と比較して、開発期間は5分の1に、管理・保守に要する時間は3分の1に短縮。

・単一障害点がないため、高レベルの可用性を実現。

■「SPARC M6-32」サーバーの構成

  • 形状:ラックマウント型
  • プロセッサ:3.6GHz 12コア搭載「SPARC M6」プロセッサ 最大32個
  • メインメモリ:最大32TB
  • 最小構成価格:65,858,531円から(税抜)

■「Oracle SuperCluster M6-32」の構成

  • 最大2台の「SPARC M6-32」サーバーを搭載
  • 9台の「Exadata Storage Server」を搭載し、最大315台まで拡張可能

■「SPARC M6-32」サーバーの詳細(Webサイト

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5