EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

業界初のエンタープライズデータハブ、分析プラットホームとして位置づけ Cloudera、「CDH5」および「Cloudera Enterprise 5」を発表

  2013/10/31 18:00

 Clouderaは、10月29日(現地時間)、ニューヨークで開催中の「Strata Conference + Hadoop World 2013」において、ビッグデータプラットフォームの「Cloudera Enterprise 5」を発表した。

 Clouderaは、「Cloudera Enterprise 5」により、Hadoopを分析指向のエンタープライズデータハブへ転換するという構想に向けて大きく前進したとしている。

 新製品では、「Apache Hadoop 2」により、大規模の構造化・非構造化のデータセットの蓄積・処理・分析を簡略化するという独自の機能を提供する一方、セキュリティを向上し、堅牢なデータ管理、サードパーティ・アプリケーションとの融合をより確かなものにしているという。

 新製品は、従来版をアップデートしたCDH5(Cloudera's Distribution Including Apache Hadoop)を中核として、Hadoopのシステム管理に対応したCloudera Manager、Hadoopの監査・アクセス管理・データ発見およびデータリネージに対応したCloudera Navigatorへとそれぞれ強化することで、業界初のエンタープライズデータハブを実現したとしている。

 Clouderaでは、企業に存在するさまざまなデータを、その量・種類にかかわらず、オリジナルに忠実な状態で取得し組み合わせ、不要になるまで1か所に配置し、できるだけ速く、そこから得られる知見を全ユーザーに提供することが求められているとしている。

 その解決策として、「The Enterprise Data Hub」を提唱している。全データを1か所に蓄積し分析、同時に企業内のさまざまな業務(たとえば、バッチ処理やエンタープライズ検索、高度な分析、インタラクティブSQL)と連動させ、これを既存のシステム、堅牢なセキュリティ、ガバナンス、データ保護、企業に必要なマネジメントなどに統合するという。

 それにより、既存のインフラを補完しつつ、企業のデータマネジメントの新たな中心を創出することができるとしている。

 発表では、「Cloudera Enterprise 5」の特徴を次のようにまとめている。

 ・全ての企業データセットを自動的にアーカイブ化し、法令を遵守しながらも問合せ可能なアクセスを実現。

 ・データウェアハウスを補完してデータ・ワークロードの負担を減らし、業務の効率化、コスト削減に貢献するとともに、ETL/ELTデータ処理の迅速化を図る。

 ・使い慣れたツールで、ビジネスインテリジェンスをより多くの量と種類のデータで裏付ける。

 ・データやドキュメントの検索を、ただ1つの環境下に整備して統一して行う。

 ・リコメンデーションエンジン、不正防止、画像処理等の先進的な分析機能を多種多様に取り揃え、活用を促進する。

【関連リンク】
「Cloudera Enterprise 5」の詳細(英文)

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5