SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Talend、NoSQLのBashoと協業し、「Riak」へのデータ移行を支援

「Riak」とTalendのツールにより、ビッグデータ活用の一連の仕組みが構築可能に

 Bashoの「Riak」は、分散KVS(Key-Value Store)で、複数のサーバーにデータを分散することにより、高い可用性を実現するように設計されているという。

 また、「Riak」は、マスターレス構成のため単一障害点(SPOF)を持たないという。データやアクセスの増大に対しては、サーバーを追加することで対応するスケールアウト型の拡張性を備えているとしているとしている。

 RDBからNoSQLデータベースの「Riak」へのデータ移行は、個別のAPI開発をはじめとする移行にまつわる負荷やリスクが伴うが、TalendとBashoの協業により、Talendの統合ツールを使うことで、容易に確実に行うことが可能になるとしている。

 また、「Riak」は、センサーデータやRFIDネットワークのデータストア、ソーシャルデータのデータストアなどにも適しており、TalendのツールによりRFIDやSNSからデータを収集、クレンジングして「Riak」にストアし、Talendのツールを介してBIツールで分析するなど、ビッグデータを活用するための一連の仕組みが構築可能になるという。

 さらに、ビッグデータ解析のためにHadoopのようなテクノロジーとともに「Riak」を利用することも容易になるという。

 Basho「Riak」の特徴は次のとおり。

 ・Amazon DynamoがルーツのNoSQL KVS
 ・高可用性を実現する分散アーキテクチャ
 ・単一障害点(SPOF)のないマスターレスクラスター
 ・サーバーの追加で性能、容量向上を図るスケールアウト拡張
 ・運用者の負荷を下げる運用の容易性

【関連リンク】
「Talend」のWebページ
「Bashoジャパン」のWebページ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/5787 2014/04/17 11:17

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング