SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

マカフィー、法人向けSaaS型セキュリティ製品「McAfee Security for Business」を発表

 「McAfee Security for Business」は、エンドポイントセキュリティに加え、SaaS型のメールやWebの保護機能の管理を、クラウドベースのコンソールで行うことが可能なため、管理サーバにかかるハードウェアコストが不要になるという。

 独自のクラウド型リアルタイム脅威データベース「McAfee Global Threat Intelligence(GTI)」を用いたリアルタイムな脅威情報の更新により、常に最新のセキュリティ環境を実現できるとしている。

 また、セキュリティの導入やITの運用管理の工数を最小限に抑えることができるだけでなく、手頃な価格でシンプルな導入が可能なスイート製品により、事業規模を問わない柔軟なセキュリティ対策の展開が可能になるという。

 この製品には、次のようなクラウド型セキュリティサービスが含まれるという。

 ・クラウド型エンドポイントセキュリティサービス「McAfee SaaS Endpoint Protection」
  SaaSによるエンドポイントプロテクションにより、デスクトップ、サーバ、メールを保護し、ウイルスやスパイウェア、スパム、フィッシング攻撃、ハッキングをブロック。

 ・クラウド型Webセキュリティ サービス「McAfee SaaS Web Protection」
 McAfee GTIがグローバル規模で収集した脅威や脆弱性に関する情報と連携し、URLのフィルタリング機能によるマルウェアなどのWebベースの脅威から保護。

 ・クラウド型Emailセキュリティサービス「McAfee SaaS Email Protection & Continuity」「McAfee SaaS Email Encryption」
  クラウド内のインバウンド/アウトバウンドのメールをフィルタリングすることで、ウイルスやワームの侵入防御、スパムのブロックと怪しいメッセージの隔離、機密情報の流出防止を実現。また、メールの暗号化や、メールシステムの障害時や停電時などにクラウド内でメールを自動処理するメール継続機能を搭載。

【関連リンク】
マカフィーのWebページ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/5812 2014/04/24 14:30

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング