EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NEC、AWS上で稼働するSAP HANAの可用性を向上するソリューションを販売

  2015/01/30 13:10

 NECは、クラウドコンピューティングサービス・AWS上で稼働するインメモリデータベースソフト「SAP HANA」の可用性向上するソリューションを、1月30日から販売すると発表した。

 このソリューションは、NECの高可用性クラスタリングソフト「CLUSTERPRO」を活用して提供するもの。

 このソリューションの導入により、「CLUSTERPRO」が、AWS上で稼働するSAP HANAを活用したシステム全体の障害を自動的に検知し、待機サーバに自動的に切り替えることが可能となり、高可用性および運用効率化を実現するとしている。

 NEC、AWS上でSAPソリューションを活用したクラウドシステム構成の実装検証を行うSAPジャパンのプロジェクト「SAP COIL PoC Project powered by AWS」に参画し、SAP HANAと「CLUSTERPRO」の連携による可用性向上に関する検証を行ったという。このソリューションは、その検証成果を踏まえて提供するものだという。

 ソリューションのメニューは次のとおり。

  •  HAクラスタリングソフトウェア:「CLUSTERPRO X for VM」
  •  導入診断:SAP HANA環境への「CLUSTERPRO」導入時の機能説明とデモ紹介
  •  検証支援:「CLUSTERPRO」試用環境におけるQA対応サービス
  •  導入支援:SAP HANA環境への「CLUSTERPRO」導入・設定サービス

 NECは、今後、顧客構築システム(オンプレミス)や、「NEC Cloud IaaS」をはじめとする他のクラウド基盤サービス上で、このソリューションの提供を予定している。

 2月9日に販売開始する最新版の「CLUSTERPRO X 3.3」では、顧客でのこのソリューションの導入を支援するホワイトペーパー(解説書)およびサンプルスクリプト集も併せて提供するという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5