SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

トレンドマイクロ、潜在的脅威に対応する新ソリューション「Trend Micro Threat Management Solution」発表

 トレンドマイクロは20日、同社が運用する日本国内専門のウィルス解析&サポートセンターである「リージョナルトレンドラボ」と提携して、企業内の潜在的な脅威を可視化し、未知の不正プログラムを自動処理を行なう新ソリューション「Trend Micro Threat Management Solution」を発表した。

 同ソリューションは、ネットワークの常時監視と挙動解析によって、潜在的な不正プログラムを可視化する「Trend Micro Threat Discovery Suite」と、感染活動の追跡調査による原因分析や、パターンファイル未対応の新種不正プログラムを含めた復旧処理を行なう「Trend Micro Threat Mitigation Suite」の2つのスイートサービスで構成される。監視状況や処理結果は、リージョナルトレンドラボのエンジニアがレポートで報告する仕組みだ。

Trend Micro Threat Management Solutionの構成イメージ(同社プレスリリースより引用)
Trend Micro Threat Management Solutionの構成イメージ(同社プレスリリースより引用)

 企業におけるウイルス対策製品の導入率は進む一方で、その対策の困難さから潜在的な不正プログラムによる感染は依然として後を絶たない。同ソリューションは、外部からの脅威対策に加え、社内に潜在している脅威への対策や、感染源特定のための手段を提供することによって、企業ネットワークの安全性向上に貢献するとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

緒方 啓吾(編集部)(オガタ ケイゴ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/656 2008/08/22 11:27

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング