EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NEC、サーバラック数千相当のネットワーク構成が可能な大規模データセンター向けSDN対応スイッチ

  2015/06/01 14:30

 NECは、通信事業者やサービスプロバイダの大規模データセンター向けにサーバラック数千相当のネットワーク構成が可能なSDN対応スイッチを開発し、6月1日から販売すると発表した。

 発売されたのは、10GbE 48ポートのインタフェースを持ちサーバを集約するToR(Top of Rack)スイッチ「PF5340-48XP-6Q」と40GbE 32ポートで複数ラックを集約するアグリゲーションスイッチ「PF5340-32QP」の2機種。

 この製品を制御するSDNコントローラと組み合わせることで、SDNを活用したスケーラブルでコスト効率の高い大規模データセンターのネットワークが構築可能になるという。

 新製品の主な特徴は次のとおり。

 1. 数千ラック相当の大規模データセンターのネットワークが構築可能

 QinQフレーム方式、OpenFlow技術、端末アドレス自動学習機能を組み合わせた転送方式を採用することで、最大64万個までのVLANが利用可能。また、テナント・ユーザが自由にVLAN IDを設定可能で、特にベアメタルサーバや仮想サーバの収容においても、VLAN IDのネットワーク内での一意性をシステムが自動的に担保し、運用管理工数を軽減。

 また、この製品を制御するPFシリーズのSDNコントローラと組み合わせることで、最大6万4千のユーザを仮想テナントネットワーク(VTN)に収容、数千ラックに相当するSDN対応の大規模データセンターのネットワークを実現。

 2. ToRスイッチとアグリゲーションスイッチの2階層でスケールアウト可能なOpenFlow技術を採用したネットワークを実現

 「PF5340-48XP-6Q」はToRスイッチとして10GbE x 48ポート、40GbE x 6ポートを有し、「PF5340-32QP」はアグリゲーションスイッチとして40GbE×32ポートを有する高さ1Uサイズのスイッチ。

 OpenFlow技術と端末アドレス自動学習機能を組み合わせた転送方式を採用することにより、さまざまな条件に合わせてスイッチ間の接続構成を組むことが可能。これにより、ネットワーク構成の制約なくスモールスタートから大規模ネットワークまで柔軟にネットワークを構築することが可能。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5