SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

国内ソフトウェア市場、2014年は2兆5531億、2019年には3兆円超へ―IDC Japanが発表

 発表では、2015年以降の国内ソフトウェア市場は、毎年4%台の成長率で推移し、2019年には初めて3兆円を突破すると予測している。

2014年はWindows XPサポート終了特需、SaaSとPaaS成長などで前年比成長率4.6%

 2014年の国内ソフトウェア市場は、前年比成長率4.6%の2兆5,531億4,700万円となった。とくに、上半期において、Windows XPサポート終了に伴う特需と消費税増税前の駆け込み需要が重なり、マイクロソフトのWindows OSやOfficeをはじめとするクライアントPC向けソフトウェアの売上が好調だったことが、主な成長要因になったという。

 大分類市場別では、アプリケーション市場が前年比成長率4.7%、アプリケーション開発/デプロイメント市場が前年比成長率5.2%、システムインフラストラクチャ市場が前年比成長率4.1%となった。

 アプリケーション市場では、コラボレーティブアプリケーション(eメール、グループウェア、会議、ファイル同期/共有)のSaaSの拡大、消費税率の変更に伴う中小企業向け財務アプリケーションの入れ替えが市場の成長に寄与した。

 アプリケーション開発/デプロイメント市場では、ビッグデータ需要の高まりによってデータベース管理システムの堅調な成長に加え、データアナリティクスソフトウェア市場が好調だった。さらに、アプリケーションプラットフォーム市場においてPaaSが大きく拡大した。

 システムインフラストラクチャ市場では、Windows XPサポート終了特需によって、Windows OSやPC向けセキュリティソフトウェアの売上が好調だった。また、仮想化/クラウド向けの基盤構築や運用管理に関するソフトウェアが伸長した。

マイクロソフトがベンダー別で1位、ヴイエムウェアが2桁成長を達成

 2014年における国内ソフトウェア市場のベンダー別ランキングは、1位がマイクロソフト、2位が富士通、3位がIBM、4位が日立製作所、5位がNECとなった。ランキング上位10社の中では、唯一ランキング8位のヴイエムウェアが、仮想化ソフトウェアの販売好調によって前年比で2桁成長を達成した。

 また、上位10社の中ではヴイエムウェアの他に、6位のオラクル、7位のSAPが前年比5%以上の成長率を達成している。両社はデータベース/アナリティクスソフトウェア関連が好調だった。

 2015年の国内ソフトウェア市場は、前年比成長率4.1%の見込み。2014年~2019年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は4.1%、2019年には3兆1,181億円に達すると予測している。

 また、大分類市場別の2014年~2019年のCAGRは、アプリケーション市場が3.0%、アプリケーション開発/デプロイメント市場が5.7%、システムインフラストラクチャ市場が4.3%と予測している。

 IDCでは、アプリケーション市場において、2020年に開催される東京オリンピックに向けた顧客サービス基盤の構築のために、コラボレーティブアプリケーションやCRMアプリケーションの活用が増えるとみている。

 アプリケーション開発/デプロイメント市場では、ビッグデータ/アナリティクス需要拡大の持続と、PaaSを中心としたアプリケーションプラットフォームの成長が市場をけん引するという。

 システムインフラストラクチャ市場は、クラウド基盤の構築/管理向けソフトウェア需要の増加や、サイバーセキュリティ対策やマイナンバー制度への対応によるセキュリティ対策の強化が市場成長に寄与するとしている。

参考資料「国内ソフトウェア市場予測」2014年~2019年(2014年は実績値、2015年以降は予測。折れ線は国内ソフトウェア市場全体の前年比成長率の推移を示す。作成:IDC Japan)

 今回の発表内容について、IDCが発行したレポート「国内ソフトウェア市場 2014年の分析と2015年~2019年の予測」にその詳細が報告されている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6921 2015/06/11 12:10

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング