SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本アバイア、中小企業向けコラボレーション・ソリューション「Avaya Office」を発表

 「Avaya Office」は、コラボレーション用のソフトウェア・プラットフォームとして、端末に依存することなく音声、ビデオ、データを共有、業務別アプリケーションの活用を円滑に実現し、従業員同士や外部関係者とのコミュニケーション環境を向上することを可能にするという。

 また、企業の規模を問わず呼損はビジネス機会の損失になるが、「Avaya Office」では携帯電話を固定電話と同等の位置づけで利用できるようになるため、どこからでも電話応答でき、ビジネス喪失の回避と、迅速な意思決定に貢献できるとしている。

 「Avaya Office」の主な特徴は次のとおり。

 ・幅広いエンドポイントに対応:アナログ、デジタル、IP、そしてソフトフォン、PC、Mac、Android、iOSのスマートフォンやタブレットなどに対応。

 ・シンプル、拡張性:3,000ユーザーにまで容易に、かつコスト効率よく、最大150拠点にまで拡張でき、利便性を高めかつ総所有コストの低減をもたらすことを可能に。

 ・仮想化:VMware vSphere 4.x、あるいは5.xのソフトウェア上で実行可能な仮想ソフトウェアにも対応。 「Avaya Office」ソフトウェアは、仮想マシン内、専用サーバー上、アプライアンスとして、またはこれらの組み合わせで、さまざまな実装形態での導入・拡張が可能。

 ・管理の簡素化:「Avaya Office」には、Avaya Office Web Manager for Server Editionが付属し、複数サイトの「Avaya Office」ソリューションを1度ログインするだけで統合管理することができる。Web Managerから、ソリューション全体のユーザー管理にアクセスでき、管理も簡素化でき、中小企業の抱える管理の負荷を低減することが可能。

 ・Avaya Aura既存システムとの相互接続:スタンドアロン、分散モードで稼働中のAvaya Auraに接続されている場合、ブランチ・オフィス側で利用出来、Avaya Aura System Managerでの管理も可能。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6969 2015/06/25 14:10

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング