EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

データ分析/レポーティング市場では6割近い企業がリプレースを検討――ITRが調査レポートを発刊

  2016/01/06 15:40

 アイ・ティ・アール(ITR)は、ベンダーへの調査とユーザー・アンケート調査を融合させた市場調査レポート「ITR Cross View:マーケティング管理市場の実態と展望2015 ― ユーザー調査と市場調査結果―」を1月6日に発刊し、レポートの中からデータ分析/レポーティング市場でのリプレース予定時期とリプレースを予定または検討する理由についての調査結果を発表した。このレポートは、RDBMS、DBMSアプライアンス、データ分析/レポーティング、DWH(データウェアハウス)用DBMS、データ・マイニング、テキスト・マイニングの全6分野を対象にしている。

データ分析/レポーティング市場において、6割近い企業がリプレースを検討

 現在利用しているデータ分析/レポーティング製品/サービスに対して、リプレースの予定についての選択肢から回答を得た(図1)。リプレースの予定時期では、2015年度または2016年度にリプレースを予定しているところが36.1%と高く、中長期的なリプレース予定/検討中も含めると6割近い企業がリプレースを検討していることが明らかとなった。

図1:製品/サービスのリプレース予定時期:データ分析/レポーティング(作成:ITR)  

製品/サービスのリプレースを予定または検討する理由

 データ分析/レポーティング製品のリプレースを予定または検討する理由としては、「運用コストが高い」が26.2%でトップとなり、「ベンダーのサポートが悪い」「操作性が悪い」が続いている(図2)。

図2:製品/サービスのリプレースを予定または検討する理由:データ分析/レポーティング(作成:ITR)  

リプレース検討が増えている背景

 多くの企業がリプレースを検討している背景には、TableauやQlik Senseなど視覚化と操作の簡便化に優れ、安価に導入できる製品の台頭がある。これら製品は、従来の分析の専門家だけでなく、一般の従業員が利用できるように操作性の向上を図った製品で、他のベンダーも追随する製品の投入が続いている。

 また、データのクラウドシステムへの移行拡大により、データ分析/レポーティングのSaaSでの利用が進みつつあることもリプレース検討の要因となっている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5