SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ヴイエムウェア、Software-Defined DC向けハイパーコンバージドソフトウェアを発表

 ハイパーコンバージドインフラは、ソフトウェアで定義されたコンピューティング、ストレージ、ネットワークを、x86ベースの標準ハードウェアと組み合わせることで、IT運用を簡素化し、システムのパフォーマンスを向上させると同時に、ITに関する設備投資や運用コストを低減できるという。

 VMwareが提供するハイパーコンバージドソフトウェアは、「VMware vSphere」「VMware Virtual SAN」「VMware vCenter Server」で構成され、x86サーバとそれに直接接続されたストレージをシンプルかつ堅牢なハイパーコンバージドインフラへと進化させるとしている。これを導入した組織は、ITコストや管理の複雑性を削減すると同時に、パフォーマンスを飛躍的に向上させることができる。

 また、ヴイエムウェアは、幅広いパートナエコシステムと協力し、11社のOEM各社から提供される「VMware Virtual SAN Ready Nodes」プログラムの認定プラットフォームから、ヴイエムウェアとEMCが共同開発したターンキーのハイパーコンバージドインフラのアプライアンスまで、業界で最も広範なハードウェアの選択肢を通じてハイパーコンバージドソフトウェアを提供するという。

 「VMware Virtual SAN 6.2」の新機能は次のとおり。

 ・重複排除と圧縮:新たに搭載された重複排除と圧縮の機能により、オールフラッシュストレージの容量を最適化し、最大で7倍のデータ量を削減できるため、CPUやメモリーのオーバーヘッドへの影響を最小化。

 ・イレイジャーコーディング(RAID5/RAID6):イレイジャーコーディングにより、ストレージの使用可能容量を最大2倍に増加しながら、データの耐障害性をこれまでと同じ高水準で維持。

 ・Quality of Service(QoS):最新のQoS機能により、仮想マシンごとのIOPSの可視化/コントロール/レポーティングなどを実現できるため、他の仮想マシンから性能面の影響を受ける可能性を排除。

 ・パフォーマンス、キャパシティ、稼働状況のモニタリング機能を強化:統合管理プレーンの新機能により、すべての顧客がVMware Virtual SANを搭載したハイパーコンバージドインフラのメリットを導入前に確認することができる。

 「VMware Virtual SAN」は、「VMware vSphere」の仮想マシンに最適なストレージソリューションとなるよう開発された。「VMware Virtual SAN」により、仮想化された本番環境向けに主要なストレージサービスの提供が可能になり、より優れたパフォーマンス、拡張性、柔軟性と同時に、より少ないレイテンシとコストなどのメリットを享受できるという。

 また、「VMware Virtual SAN 6.2」の発表に合わせ、OEMパートナから提供される事前検証済み構成のサーバ製品向けプログラムである「VMware Virtual SAN Ready Nodes」の強化を発表した。ヴイエムウェアでは、これまでに11社のサーバOEMと協力し、ハイパーコンバージドインフラ向けソフトウェアの動作検証を実施した100以上のシステムを提供している。

 「VMware Virtual SAN Ready Node」プログラムの強化により、OEMパートナはサーバの製造過程で事前に「VMware vSphere」と「VMware Virtual SAN」に加え、認定ドライバーとファームウェアをインストールすることができるようになるため、顧客がシステム導入初日に必要な作業を軽減できると同時に、ビジネス上の価値を享受できるまでの時間を短縮するという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/7728 2016/02/12 14:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング