EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2015年の国内BPOサービス市場規模は前年比4.5%増の6,692億円――IDCが発表

  2016/04/13 15:00

 IDC Japanは、国内ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)サービス市場予測を発表した。これによると、2015年の同市場は前年比4.5%増の6,692億円となり、2015年~2020年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は3.4%、2020年の同市場規模は7,903億円と予測している。

調達/購買BPOサービス市場は2014年に続き二ケタ成長を維持

 2015年の国内BPOサービス市場の主要4セグメントのうち、前年比成長率が最も高かったセグメントは調達/購買BPOサービス市場で、2014年に続き二ケタ成長を維持した。比較的新しい分野で、市場規模が他セグメントと比べてまだ小さいことも理由のひとつだが、コスト削減を狙った全社レベルでの調達/購買プロセス最適化の需要が高まっていることが大きく寄与しているとみられる。今後も同市場の成長率は高い値を維持するとみられ、2015年~2020年のCAGRは7.1%になるとIDCではみている。

 人事BPOサービス市場は、人事部門の人材不足傾向に加え、雇用流動性の増大による業務量の増加や、業務プロセスやスキルセット管理の統合/標準化需要の高まりなどに後押しされ、2015年の成長率は調達/購買に次ぐ数値を示した。市場規模も小さくはないため、国内BPOサービス市場全体に与える影響も大きいと考えられる。2016年以降も、成長率は緩やかに下降しつつもその傾向に大きな変化はないとみられる。

 財務/経理BPOサービス市場は、これまでその中心となっていた定型業務の領域についてはすでに需要が一巡しているとみられ、そのため2015年の成長率は上記2セグメントと比べると低くなっている。しかし、海外展開などをきっかけとした業務プロセスの統合/標準化などに対する需要が生じており、今後、これが当市場の成長をけん引していくとみられる。

「今後は人材不足への対策、ITの活用、トップダウンによるコンサルティングが重要」

 また、カスタマーケアBPOサービス市場は、市場規模では最も大きいセグメントであるものの、音声通話ベースのサービス需要の低下などが響き、2015年の成長率は主要4セグメントの中では 最も低くなっている。2016年以降は、マルチチャンネル対応やデジタルマーケティングとの連動に対する需要などが当市場の成長を支えるであろうとIDCではみている。

 国内BPOサービス市場は、慢性的な人材不足、加速する国内企業のグローバル展開、そしてデジタルトランスフォーメーション(DX)の進行などに後押しされ、堅調な成長を続けている。

 IDC Japan ITサービス シニアマーケットアナリストの吉井誠一郎氏は、「BPO事業者は、成長の阻害要 因として働きつつある自身の人材不足への対策を早急に進める必要がある。そして効率化や付加価値の向上のため、今まで以上にITを積極的に活用すべきである。加えて、トップダウンによる業務変革型コンサルティングと組み合わせたBPOサービスの提供も、ビジネス拡大のために重要になるであろう」と述べている。

参考資料:国内ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)サービス市場 支出額予測:2015年~2020年(作成:IDC Japan)  

 今回の発表はIDCが発行したレポート「国内ビジネスプロセスアウトソーシングサービス市場予測、2016年~2020年」にその詳細が報告されている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5