SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

AvePoint、Office365の移行、運用管理、データ保護を実現するSaaSを提供開始

 Microsoft Office365・SharePoint Online管理ツールである「AOS」は、DocAve Online・Governance Automation Online・Compliance Guardian Online・どきゅなびOnlineの各モジュールから構成されており、Office365 利活用をより簡単に実現できる情報環境を提供するという。

 各モジュールの概要は次のとおり。

 ・DocAve Online:既存システムからSharePoint Onlineへの移行をサポート/SharePoint権限を一括管理/ツリービューを活用して、サイトやサイトコレクションの移動を簡単に実行/うっかり消してしまったデータも、最小単位バックアップ&リストアやアーカイブ機能を用いて簡単・迅速にリカバリー

 ・Governance Automation Online:サイト払い出しなど、IT リソースの提供を自動化することにより、利活用促進&単純作業の削減による生産性の向上を実現

 ・Compliance Guardian Online:SharePoint にアップロードするデータを自動タグ付し、データを確実に管理

 ・どきゅなびOnline:ファイル サーバー内のデータを移行することなく、あたかも SharePoint 上にデータが存在するかのような管理体制を実現

 最近は、データの種類・機密性等でオンライン・オンプレミスを使い分ける「ハイブリッドクラウド」が注目を集めつつあるが、管理するプラットフォームの数が増えることによるIT部門への負担増、セキュリティ上の懸念などが課題になる。

 「AOS」内の製品は全てオンプレミス版でも提供しているため、上記のような問題を気にすることなく、中央化されたプラットフォームでOffice365・SharePoint OnlineとSharePointによる移行、運用管理、データ保護を実現することができるという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/7997 2016/04/26 13:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング