SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

クラウド・スコープ・テクノロジーズ、クラウド環境対応の次世代監視システム「Monarch」をリリース

 クラウド・スコープ・テクノロジーズは、仮想化環境・ネットワーク監視・管理システム「MoonWalker」を販売してきたが、これまでの実績と経験を活かしながら、クラウド環境にも柔軟に対応し、処理能力を大幅に向上させた次世代システム「Monarch」をリリースしたという。

 「Monarch」の特徴は次のとおり。

 ・ユーザインターフェース(UI)の利便性を向上:クラウド環境で機能するようになっており、いつでもどこからでもシステムを操作することが可能。また、特に確認したいデータを、自ら編集することが可能。

 ・Webシナリオ監視――eコマースビジネス対応:急増しているeコマースビジネスの要望に柔軟に対応する機能を強化。Webシステムの応答時間やサーバの状況等を要望に合った基準で監視できるような機能を追加。この機能を用いることにより、それぞれの事情に即したWeb監視が可能となり、eコマースビジネスの信頼性を高めることが可能。

 ・システム更新時間の短縮――信頼性の向上:最近では仮想化環境の導入が進み、監視・管理もサービスを提供する上で、重要な要素となっている。そこで、Monarchは単一システムで導入された場合においても、ソフトウェア更改などの際にシステム中断時間を数分以内にするような構成とした。また、データセンタ事業者のように、安全性が求められる場合にはMonarchを冗長構成で利用し、監視運用の中断時間をなくすような対応も可能。

 ・処理能力の向上:大手企業やデータセンタ事業者の要望に応えるために、処理能力を大幅に向上。従来のクラウド・スコープ・テクノロジーズの製品に比べ、2倍以上の監視対象を処理することが可能となった。これにより、大規模なサービスプラットフォームも1つのシステムで監視可能となり、運用者の利便性が向上。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8250 2016/07/11 15:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング