SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ベリタス、データ保護と視覚化が可能な統合アプライアンス「NetBackup 5240」を発表

 「NetBackup 5240」は、データを視覚化しながら保護できる統合ソリューションであり、急増するデータへの対処に苦慮している企業にとって、リスクと総コストを削減する上で欠かせない製品だという。

 平均で41%のデータが3年以上放置されている状況において、価値の高い「ターゲットリッチ」な情報とリスクの高い情報を見つけ出すことができるのは、データを視覚化できる統合ソリューションだという。

 「NetBackup 5240」のInformation Map機能を使用すると、情報ストレージを最適化し、情報リスクを緩和するための作業をわずか24時間ですばやく簡単に実行できる。また、以前のバージョンである「NetBackup 5200 シリーズ」アプライアンスもInformation Mapと互換性があるため、すべての既存顧客がそのメリットを活用し、実体験型のビジュアル操作体験を利用して企業の非構造化情報を把握できるとしている。

 新しい「NetBackup 5240」アプライアンスは、数多くの新機能を提供し、仮想、クラウド、物理環境にまたがる最新のデータ保護を実現するという。製品の特徴は次のとおり。

 ・増大するデータに対応できる拡張性:容量を201TBまで拡張可能。前世代と比べて1ラックユニットあたりの容量が36%、密度が100%増加したため、設備投資を大幅に削減。

 ・バックアップパフォーマンスの最適化:NetBackup 5230と比べて30%、バックアップパフォーマンスが向上。これにより、より短いリカバリポイント目標(RPO)とリカバリ時間目標(RTO)を設定できる。

 ・柔軟な導入オプション:マスターサーバー、メディアサーバー、もしくはその両方として使用できる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8262 2016/07/13 15:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング