SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

通信事業者向けネットワーク機器市場、2015~2020年の年間平均成長率11.0%――IDCが予測

2020年に向け5Gサービスのネットワーク構築需要が最大の市場機会に

 CSP向けルーターとイーサネットスイッチに公衆無線LANサービス向け無線LAN機器を加えた国内CSP向けネットワーク機器市場は、2015年~2020年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)が11.0%と再び拡大に転じ、2020年の市場規模は1,770億8,200万円に達するとIDCでは予測している。

 2016年以降の国内CSP向けネットワーク機器市場は、通信事業者の新サービス提供用ネットワーク構築需要によって、再び成長に向かうとみている。とりわけ、2020年にサービス開始が予定されている5Gサービスのネットワーク構築需要が最大の市場機会になり、CSP向けルーター市場とイーサネットスイッチ市場をけん引する。

 2015年~2020年のCAGRは、CSP向けルーター市場が8.6%、CSP向けイーサネットスイッチ市場も15.1%と高い成長を予測している。

2015年はLTEサービス展開の終息と通信事業者の設備投資抑制でマイナス成長

 一方で足元の市場環境は厳しく、2015年の国内CSP向けネットワーク機器市場は、予測以上に低迷した。LTE(Long Term Evolution)サービス展開の終息と、通信事業者の設備投資抑制の強化が大きく影響した。そのような厳しい市場環境において、シスコシステムズとアラクサラネットワークスはシェアを伸ばした。

 シスコシステムズは、顧客基盤とラインナップの広さを生かして売上を確保に成功し、アラクサラネットワークスは、新たな導入先の獲得とプロジェクトの拡大が売上増加につながった。一方で、2014年まで大きな売上を上げていたイーサネットスイッチ中心のベンダーは、通信事業者の投資抑制への転換に歩調を合わせるようにシェアが低下した。

 2020年に向けて、国内CSP向けネットワーク機器市場は、再び成長すると予測している。一方で、5Gサービスの開始までは、国内通信事業者による大規模投資の状況は不透明であり、ベンダーにとってはチャレンジの時でもある。

 IDC Japan コミュニケーションズ グループマネージャーの草野賢一氏は、「非常に重要な時期を迎える今後の数年間において、CSP向けネットワーク機器ベンダーは、2020年攻略の戦略を早期に策定し実行すべきである。固定通信サービスを含めた次世代ネットワーク展開のターゲットである2020年までの数年間に、どのような事業戦略に基づき、どのように製品開発するかが、2020年代の国内CSP向けネットワーク機器市場での成否を分けると言っても過言ではない」と述べている。

参考資料:国内CSP向けネットワーク機器市場 支出額予測、2014年~2020年(作成:IDC Japan)  

 今回の発表は、IDCが発行した「国内CSP向けネットワーク機器市場予測、2016年~2020年:通信事業者向けルーター、イーサネットスイッチ」にその詳細が報告されている。また、「国内CSP向けネットワーク機器市場シェア、2015年:通信事業者向けルーター、イーサネットスイッチ」)では、2015年のCSP向けネットワーク機器市場におけるベンダーシェアとベンダー動向を分析している。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8280 2016/07/20 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング