SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

JIPDECとコモドジャパン、電子証明書の普及で協力し「JCAN証明書/CMD」の発行を開始

 JIPDECは、2012年から「JCAN証明書」を提供するとともに、電子証明書を使うサービスの普及を行ってきた。昨今では、電子契約の市場が急激に立ち上がり、また、S/MIMEの電子メールの利用や、多要素認証での電子証明書の利用も見直されつつあるという。

 コモドジャパンは、世界マーケットにおけるSSL/TLS証明書のトップブランド「COMODO SSL」を2008年より日本国内向けに提供を開始し、セキュアなインターネット環境の実現を最優先として事業活動を行ってきたという。

 昨今、マイナンバー制度の本格的な運用開始に伴い、規模の大小を問わず一般企業においてもさまざまなリスクが高まっている。また、全世界的に不正アクセスやサイバー攻撃等が急増しており、各種認証技術を活用したセキュリティコントロールが急がれているという。

 このたび、JIPDECは、コモドジャパンの認証局から発行される電子証明書を、JCAN証明書のブランドを冠して「JCAN証明書/CMD」として取り扱うことになった。両者の強みを活かした電子証明書を発行することで、電子証明書を使うサービスを提供する事業者や、電子証明書利用者に対して、新たな選択肢を提供できることになるとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8282 2016/07/20 15:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング