SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アール・アイとクラウディアン、利便性を落とさずデータをPCで持ち歩かないファイル仮想化で連携

 「Shadow Desktop」は、利便性を落とさずPCをデータレスの状態にする、ファイル仮想化ソリューション。インターネット経由でどこからでもファイルを読み書きすることができ、紛失・盗難における情報漏えいリスクを大きく低減できるという。

 「CLOUDIAN HyperStore」との連携により、データの目的や種類に応じて最適な場所にファイルが自動保存される仕組みが提供できるようになるとしている。利用頻度が高く容量の大きなファイルは、社内のオンプレミス環境にほとんどアクセスされていないファイルは、安価なパブリッククラウドに保存するなど、ハイブリッドな利活用により、導入企業のTCO削減を支援するという。

 今回の連携により、専用モデルの提供とアライアンスを強化する。ネットワーク分離のニーズが高い文教・自治体専用モデルと、ロケーションを有効活用したデータセンター事業者およびクラウド事業者へOEM専用モデルを提供する。また、顧客の要望に合わせたオンプレミスストレージとのアプライアンス化も視野に活動しているという。

ファイル仮想化ソリューションの運用イメージ  

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8384 2016/08/22 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング