SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

「Hadoop Summit」を10月26~27日に新宿で開催――先端企業のビッグデータ活用を紹介

 「Hadoop Summit」は、Apache Hadoop、そのエコシステムの紹介を行うグローバルイベントで、今年6月には、San Joseで開催された。最近は、Apache Spark、機械学習、IoT、クラウド、データサイエンス、先進的な企業でのデータ活用ユースケースに関連するセッションや展示が増えているという。

 「Hadoop Summit Tokyo 2016」は、モダンデータアプリケーションを支える主要なテクノロジーやビジネスへの利用価値を理解する5つのトラックで構成される。業界の専門家、ビジネスリーダー、アーキテクチャ、データサイエンシスト、 Hadoopデベロッパ、そしてApacheコミッターが、ユースケース、成功事例、ベストプラクティス、教訓、テクノロジーインサイトなどをシェアする場だとしている。

 イベントは、次の5つのトラックに分かれて展開される。

ビジネストラック

 ・実際のユースケース

 ビジネストランスフォーメーションを実践したリーダーやイノベーターから、ベネフィット、課題、そして成功の鍵などを聞くことができる。さまざまな分野の企業からのスピーカーにより構成されているが、全員がデータを有効利用しオープンソーステクノロジーを活用したという共通点を持ち合わせている。  このトラックでは実際のエンタープライズ企業がデータアーキテクチャをどのようにモダナイズしたかに焦点をおき、技術面の課題、革新的ソリューション、そして成功要因などを伝える。

テクノロジートラック

 ・Apacheコミッターインサイト

 コミュニティアーキテクチャおよびビルドチームから、最新のApacheビッグデータエコシステムのイノベーションについてコミッターから紹介する。実際にオープンソースプロジェクトにおいて、イノベーションを牽引した当時者からの視点を共有する。テクニカルリード、コミッター、またアクティブにロードマップを牽引しているエクスパート達と主要なフィーチャー、今後のApache ビッグデータ エコシステムについてのテクノロジーについて伝える。

 ・アプリケーション開発、アナリティクス、データサイエンス

 YARNはHadoopをマルチテナントデータプラットフォームへと変革し、ビジネスを同じデータと複数の方法で同時にインタラクトする広いプロセッシングエンジンの基礎となった。セッションでは、イノベイティブなアナリティクスアプリケーションやシステム・データビジュアリゼーション・統計・機械学習などが展開される。Apacheコミュニティーのリーダーやイノベータがどのようにアプリケーションを開発し、新たな考えを見つけているのかを伝える。

 ・ガバナンス、セキュリティおよびオペレーション

 このトラックは、企業が要求するガバナンス、セキュリティそしてオペレーションにフォーカスし、Apacheビッグデータエコシステムについて紹介する。スピーカーは、モダンデータアプリケーションのオペレーション、セキュリティ、Tips、トリックそしてさまざまなストーリーについて伝える。

 Hadoopのオンプレミスおよびクラウドデプロメントのインストレーション、コンフィグレーション、イニシャルプロダクションデプロイメント、リカバリ、セキュリテイ、データガバナンスについてセッションが展開される。

 ・モダン・データ・アプリケーション、IoT、ストリーミング

 このトラックでは、モダンデータアプリケーション開発、IoT、エッジデバイス管理、戦略、実践的なデータ収集と分析、リアルタイム分析などについて紹介する。この変革において、テクニカルおよびビジネスの側面からのWhat 、Why、Howなどについて学ぶことができる。スピーカーには、実際にIoTのエマージングテクノロジにおけるリーダーがあたる。

 ■開催概要

  • 日程(セッション・ワークショップ):2016年10月26日(水)~27日(木)
  • 会場:ヒルトン新宿(東京都新宿区)
  • 主催:Hortonworks
  • 参加費(10月21日までの登録費用、税別):
  • セッション、キーノート、ワークショップなど:53,000円
    登録の際にお得なディスカウントコード ENTZINE20 をご利用ください。
  • 詳細と申込み:Webサイト

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8504 2016/09/26 19:29

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング