EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

レノボ・ジャパンがクラウディアン、ネクセンタとのアプライアンス製品発売でSDS市場に本格参入

  2016/11/09 15:45

 レノボ・ジャパンは、ソフトウエア・ディファインド・インフラストラクチャー(SDI)関連製品のラインアップを大幅に拡充するとして、新たにソフトウエア・ディファインド・ストレージ(SDS)のアプライアンス製品として、クラウディアン、ネクセンタ・システムズ・ジャパンとの協業により、「Lenovo Storage DX8200C」と「Lenovo Storage DX8200N」を11月9日から発売する。

 レノボは、SDS化によりプロビジョニングの迅速化やサーバーとソフトウェアの一元保守などを目指すユーザーにイノベーションを提供すべく、SDS市場への本格参入を決定。その取り組みの第1弾として、この市場における有望なパートナーであるクラウディアンとネクセンタの2社とのアプライアンス化を実現したという。

 そのほか、1月に発表したニュータニックスのハイパー・コンバージド・インフラストラクチャー(HCI)アプライアンス製品「Lenovo Converged HXシリーズ」に、新たに中堅・中小企業向け「Converged HX1000/2000シリーズ」および2Uの筐体にサーバー4ノードを搭載できる高密度型HCI製品などを追加。幅広い顧客ニーズに対応できる業界最高水準の製品ラインアップが完成した。

 これら新製品の投入により、レノボはSDI製品のポートフォリオを一気に拡充、急速に拡大するSDI市場での事業強化を図るという。また、汎用のx86サーバーをプラットフォームに採用したSDI製品のラインアップにより、サーバー・ベースト・コンピューティングのポートフォリオを広げ、製品コストの低減を図ることで、より価格性能比の高いソリューションを顧客に提供していくとしている。

 今回発表されたSDS製品は次のとおり。

 ・「Lenovo Storage DX8200C」

 クラウディアンが開発したSDS製品「Cloudian HyperStore」をレノボのサーバーに搭載したスケールアウト型オブジェクトストレージ。メディア・イメージ、ビデオ、バックアップ、Webコンテンツ、ファイル共有などの非構造化データの増大に対応できる、効率性に優れた低価格の大容量ストレージになっている。Amazon S3完全準拠のAPIが導入され、最小3台からスタートし、数ペタバイト超級までスケールアウトすることが可能。

 また、複数データセンターにデータを分散配備、Amazon S3などクラウドサービスへデータ自動階層化にも対応している。

 ・Lenovo Storage DX8200N

 ネクセンタが開発した「NexentaStor」をレノボのサーバーに搭載した、SANとNASを統合管理できるユニファイド(ファイルとブロックに対応する)ストレージ。既存システムに比べ、低コストで拡張性とシンプルな管理機能を容易に確保でき、データ量の劇的な増加にも対応することが可能。

 企業内のあらゆるブロックとファイルのデータ統合管理、x86サーバーとJBODの組み合せで数ペタバイトまでスケールアップ可能。また、CIFS/NFS、FC/iSCSIまでマルチプロトコルに対応。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5